FP花輪陽子のシンガポール移住日記
2016年9月1日公開(2016年9月1日更新)
バックナンバー

「FP花輪陽子のシンガポール移住日記」

著者・コラム紹介

花輪陽子

1978年、三重県生まれ。ファイナンシャル・プランナー。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、外資系の投資銀行に入行。OL時代は借金200万円の“貯まらん女”だった。新婚早々に「夫婦同時失業」というどん底を経験し現職に至る。著書に『夫婦で貯める1億円! 』(ダイヤモンド社)、『30代で1000万円貯める!共働き夫婦のマネー術』(日本経済新聞出版社)など。テレビ出演、雑誌での監修多数。

FP花輪陽子のシンガポール移住日記

シンガポールに海外移住した人気FP花輪陽子さんの新連載がスタート! 節約や貯金に詳しいFPとして「夫婦で貯める1億円!」などの著書がベストセラーとなったファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さんが、夫の仕事の都合でシンガポールに移住。海外の生活や経済、子育て、マネー事情のほか、海外移住で見えてきた日本の良さや問題点を語る!

花輪陽子

シンガポールは子連れでの移動も安全、便利な街!
「母親と子供の幸福度」調査の結果がアジア最上位の
シンガポールの子育て環境を東京と比較すると……?

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。

 我が家には2歳の子どもがいますが、たびたび子連れでシンガポールから日本(東京)に帰っています。東京に帰った際にいつも感じるのが、子どもを連れての移動のしづらさです。シンガポールでは子連れでの移動が比較的容易なので、その差を痛感してしまうのです。

 そこで、今回は日本とシンガポールを比べてみたときに、どちらが母子に優しいか、カテゴリーごとに紹介してみたいと思います。

オムツ交換台や授乳室などの設備は東京が圧勝!
ただし、バリアフリー化ではシンガポールが一歩リード

(1)設備

シンガポールのオムツ交換台。大規模商業施設やレジャースポットなどにあります。

 授乳室、オムツ交換台、お手洗いに子どもを座らせておく椅子の数など、デパートやショッピングモールなどにある設備は圧倒的に日本のほうが素晴らしいです。シンガポールでは、デパートや大きなモール内には授乳室やオムツ交換台がありますが、お手洗いに子供を座らせておく椅子は見かけません。おかげで、子どもと二人で外出したときなど、お手洗いに行けなくて困ることもあります。

 シンガポールでは、メイドさんに子守を任せるのが当たり前になっているので、外出時に大人の手が足りない、ということが想定されていないのかもしれません。子連れでデパートに来ている欧米人も多いのですが、メイドさんやパパもいるし、店員さんなどがちょっと見ていてくれることもあるので、手が足りているのかなと思います。

(2)街の構造

 ベビーカーで外出した際、東京の古い街などでは駅にエレベーターが少なく、場所によっては階段しかなくて苦労をすることがあります。また、渋谷駅のように、古くからある駅を途中で大幅に改造している駅もありますが、エレベーターの乗り継ぎが複雑すぎて、迷ってしまうこともしばしばです。

 一方、シンガポールの駅は、徹底したバリアフリー仕様で、自動改札には必ずベビーカーや車椅子用のゲートがあり、とても広々しています。また、エレベーターもわかりやすい場所に設置されています。

 ただ、街中では子連れに優しくないと感じるところもあります。例えば、オーチャード(シンガポールの「銀座」のようなエリア)の道幅の広い交差点を最短距離で渡ろうとすると、ベビーカーでは通れない段差があります。それを避けて遠回りをすると、10分以上時間がかかってしまうのです(勝手がわからない観光客の方だと、それ以上に時間がかかるでしょう)。

 そもそも、シンガポールには道幅が広い横断歩道が多いので、子どもを連れていると焦ることがよくあります。

シンガポールの電車は東京ほど混雑せず。
ただし、バスは東京のほうが安全で快適。

(3)地下鉄

「東京の地下鉄の状況は変わっていないの?」と、シンガポール人の友達によく聞かれます。それほど、東京のラッシュアワーの地下鉄の状況は、海外でも有名なようです。

 私も一度、夕方の時間に子連れで東京のラッシュアワーの電車に乗ってしまったことがあります。最初は空いていたのに、途中でどんどん乗客が増えて、子供がつぶれそうになってしまいました。それ以来、子連れで電車を利用するのは11時〜16時くらいまで、と時間を決めて乗るようにしています。ラッシュ時にどうしても移動しなければならないときは、バス、タクシーも含めた車、徒歩など、別の手段を選択しています。

シンガポールの地下鉄は、ピークアワーでも日本ほどは混んでいません。また、地下鉄(MRT)は日本より新しいので、前述のようにエレベーターの乗り継ぎも楽です。子どもを抱っこして乗車すると、優先席ではない席でも、すぐに譲ってもらえることが多いです。ただ、MRTでの飲食は禁止で、罰金の対象にもなり得るので、子どもがぐずったときにお菓子で釣ることは、原則として不可能です。

(4)バス


 バスに関しては、圧倒的に日本のほうが子連れに優しいと感じます。今年の夏も東京で子どもを連れてバスをに乗車しましたが、時間に余裕のあるお年寄りや子連れ客が多いためか、お互いに助け合う雰囲気があって居心地がよかったです。それに、混雑していないときであれば、ベビーカーをたたまなくても許される場合もありますね。

 シンガポールのバスだと、ベビーカーで乗車しようとすれば、運転手さんに必ずたたむように注意されます。そもそも、入り口の真ん中に手すりが付いていて、ベビーカーをたたまなければ入れない構造になっているバスも多いです。

 しかも、運転が日本のバスよりもずっと荒っぽいのでよく揺れます。雨の日に歩道を歩いていると、傍らを荒っぽい運転で走り抜けたバスに大量の水を飛ばされて、びしょぬれになることもあります。

 私の場合、子どもとバスに乗る際にはベビーカーは持たず、常に子どもの手を引いたり、場合によって抱き上げたりしやすいように、斜めがけなど手の空いた鞄で行くと決めています。

(5)タクシー

シンガポールのタクシーは低料金。観光客でも利用しやすいのが魅力です。

タクシーの利便性は、圧倒的にシンガポールが優位です。初乗り料金が日本の半額以下ですし、タクシーの運転手さんが子連れに慣れているのもありがたいところです。子どもを連れて、さらに買い物袋2〜3個、自分のバッグ、ベビーカーをキャリーしていても、タクシーなら何とかなります。

 シンガポールでは、街中の至るところにタクシースタンドがあり、そこから乗車をすればドライバーが降りてくれて、トランクへの荷物の出し入れを手伝ってくれます。たまに助けてくれないドライバーもいますが、列に並んでいる人が率先して助けてくれることも多いです。私は基本的に、手助けしてくれる人がいなくても自分でなんとかできるよう、片手で持てる3キロ前後のベビーカーをいつも使っています。

 日本では、子連れだとタクシーに乗ることも敷居が高いです。値段が高いということもありますが(以前都内で13キロ、40分ほど乗車をしたら、4500円程度かかってしまいました)、運転手さんが子どもに慣れていない人が多いと感じました。子どもの声が耳障りだったり、シートの汚れが気になったりしているのかもしれませんが、無愛想な対応をされることが何度もありました。

 海外だと、国によってはサービスに応じてチップを支払う習慣がありますし、そもそも欧米人(子供の人数も多い)はサービスに厳しいです。そのため、多様な文化圏の人々が集まっているシンガポールのほうが、子連れに対応できているのかもしれません。

東京では通販などの宅配サービスが便利!
街中でのサポートの多さはシンガポールの余裕の表れ?

(6)デリバリー(宅配)サービス

 子連れでの買い物には限界があるため、重い荷物、かさばる荷物はデリバリーサービスが便利です。デリバリーの時間の正確さ、頼んでから届くまでの素早さは、日本の圧勝です。シンガポールでは、荷物がいつ届くか分からないということも多々あります。待っていたのに届かなくて、1日無駄になったという声もよく聞きます。

 しかも、受け取るのに失敗すると、また大変なのです。近くのポストオフィスなどに短い期限内に取りに行かなければならないからです。そこでも受け取り損ねると、遠くのポストオフィスに移されたり、送り主に戻されたりしてしまいます。再配達も含めてきっちりとデリバリーしてくれる日本の運送業者は、本当に素晴らしいと感じます。

(7)街の人の余裕

 街の人の余裕は、圧倒的にシンガポールのほうがあります。南国ということもあるせいか、働き方が日本と比較すると少し緩いからです。欧米人のビジネスパーソンなど、まだかなり明るい夕方のうちから飲み始めている人もよく見かけます。また、電車の中で寝ている人はあまりいません。日本も、長時間労働が改善されれば、もっと余裕が出るのかなと感じてしまいます。

 余裕があると、他の人に気を配ることもそれほど難しくなくなるのでしょう。印象としては、日本よりシンガポールにいるときのほうが、見知らぬ人に手助けしてもらえる確率が高いです。小さい子どもを連れていると、何かとトラブルが生じたり、気を付けていても他の人に迷惑をかけてしまったりすることがあるので、シンガポールの環境はありがたいです。

「セーブ・ザ・チルドレン」(国連に公式に承認された、子どもたちのための民間の国際援助団体)による、「179カ国の母親と子供の幸福度調査(2015)」によると、シンガポールはアジアでトップの14位、アジアで2位にランクインしたのは韓国で30位、日本はアジアで3位の32位という結果でした。日本のランキングが他の先進国より低い要因としては、女性議員の割合の低さなどが挙げられるようです。女性の議員や管理職の割合が上がっていけば、今よりも子持ちの女性の意見などが反映され、状況は改善していくのかもしれませんね。

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
 【2016年12月1日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.12%
0.10% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.12%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.12%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと120倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料がそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.18%
0.01%
0.01%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
定期預金の利息にかかる20.315%の税金を0円に? 「ソニー銀行・積み立て定期預金」でコツコツ貯蓄&裏ワザで税引き前の利息を100%手に入れよう!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ! また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.3%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2016年12月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

【じぶん銀行】
auスマホの引き落とし先に設定すると、2年間で
最大4800円分のポイントをゲット!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
  • 「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」で
    普通預金金利が6倍に!⇒関連記事はこちら

    「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら
  • 「新生銀行」は、ATMの出金手数料が無条件で
    いつでも何回でも無料!⇒関連記事はこちら

    新生銀行公式サイトはこちら!
  • 「ソニー銀行」は多くのコンビニATMが無料、
    顧客満足度も高い!
    関連記事はこちら

    住信SBIネット銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!