ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

高まる企業業績の下振れリスク 今年も「夏の失望売り」の可能性

2008年7月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 原油など資源・エネルギー価格の高騰が、米国の企業業績に大きな影響を与え始めた。米メディアによると、「ボーイング、エアバスの新型機受注の最大3分の1がキャンセル、納入延期の恐れ」と報道されている。燃料高と航空運賃の値下げ競争で、航空各社が疲弊したためである。BRICsの中央銀行が連続的な金融引き締め策に踏み切ったことも、需要鈍化リスクとして意識され始めているのかもしれない。ボーイングの新型機は、日本企業との共同生産の色彩が濃く、関連する企業の裾野は広い。「海の向こう」のこととは看過できない。

企業収益トレンドと株価

 資源メジャーのリオ・ティントは、中国の宝鋼集団と、鉄鉱石価格を79.88~96.50%の値上げで妥結したと公表した。日本でも、新日本製鐵がリオ・ティントの価格を受諾する方向と報道されている。ブラジルの大手ヴァーレとは、先に65%値上げで妥結していたが、それを大幅に上回る値上げである。「鉄鉱石価格の値上げ→鋼板値上げ」となって、日本の自動車メーカー、造船、電機といったユーザーへの影響は必至の情勢である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧