ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
梶井厚志 コトバの戦略的思考

「持参金」

梶井厚志 [京都大学経済研究所教授]
【第38回】 2010年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「持参金」という滑稽噺がある(*1)。

 ある男のところに、知り合いの番頭が、借金の取り立てにやってきた。以前に貸していた20円、男の親に世話になっていた義理があるから返済期限はつくらなかった。だが、緊急事態が起きてすぐに金がいるので、ほかから借りてでも今日中に返してほしいと番頭は言う。

 返すと約束をしたものの、この男には20円もの大金をすぐさま工面できるほどの甲斐性はない。どうしたものかと考えていると、町内に住む世話好きの金物屋がやってきて、お前もいい年なのだから、そろそろ嫁を取らないかと持ちかけた。とあるお店の女中をしているそのお相手は、器量は十人並み以下で、しかもどこかの男の子供をはらんでいて、もう臨月になっている。ただし、それだけの悪条件だから、持参金として20円もってくるというのだ。借金を返済するあてのない男は、持参金に目がくらんで、今日中に嫁が取れるのならばと承諾した。

 ところが、その晩嫁を連れてきた金物屋は、肝心の20円を持ってこないで、いま工面しているところだからもう少し待てと言い残して帰ってしまう。これでは困ると思っているうちに再び番頭が催促に来た。確かな人に約束してもらったから、20円は間違いなくできると答えると、ではここで待たせてもらおうと番頭は腰を下ろし、金が急に必要になったわけを話しだした。

 実は、奉公先の女中と深い仲になってはらませてしまった。近々のれん分けを控えているというのに、こんなことが旦那の耳に入っては一大事である。それで、普段から目をかけている出入りの金物屋に相談したら、20円ほど持参金を付けたらどこぞの阿呆がもらうだろう。悪いようにはしないから任せておけと言うのでお願いした。しかし、20円という大金は手元にはなく、事情が事情だけにそのような金を貸してくれと周囲に頼むわけにいかない。なので、悪いとは思いながら仕方なく、借金の取り立てをしてしまった。そうしたら、嫁にもらうという阿呆が見つかったと金物屋が知らせてきた。20円が用意できなければ途方にくれるところだった。

次のページ>> 触媒として働く現金
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
『コトバの戦略的思考』が単行本化!

なぜ私たちは「どうも」「お疲れさま」「よろしくお願いします」を、これほど使ってしまうのか?身近にあふれる妙に気になる日本語たち。そこには、必ず何らかの戦略が込められている!気鋭の経済学者がゲーム理論を駆使して読み解く、目からウロコのエコノミック・エッセイ。

話題の記事

梶井厚志 [京都大学経済研究所教授]

1963年広島県生まれ。86年一橋大学経済学部卒業、91年ハーバード大学Ph.D.(経済学博士号)取得。専攻は経済理論、特に情報の経済学、一般均衡理論、ゲーム理論。ペンシルバニア大学経済学部助教授、筑波大学社会工学系助教授、大阪大学社会経済研究所教授を経て、2003年より現職。著書に『ミクロ経済学:戦略的アプローチ』『戦略的思考の技術』『故事成語でわかる経済学のキーワード』などがある。梶井厚志のホームページ


梶井厚志 コトバの戦略的思考

身近な言葉の中にも戦略的思考の可能性が潜んでいる。本連載では、身近な言葉や格言・昔話から、そこに潜む経済学的なアイディアや戦略的な含意を探る。

「梶井厚志 コトバの戦略的思考」

⇒バックナンバー一覧