ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

住生活グループ会長 潮田洋一郎
住設機器の一括提供で差別化
海外はM&Aで1兆円稼ぐ

2010年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

──プロ野球団の買収を断念した。

 球場との契約を見直したかったが自治体の協力もなく、われわれだけでなく、球団親会社のTBSホールディングスでさえ交渉する術がなかった。球団経営の改善案が描けなかった。じつは1980年代後半にもパ・リーグの球団売却の話があり、喉から手が出るほど欲しかったが、身の丈を考え断念した。今ならベイスターズを1~2年で黒字体質にする自信があっただけに非常に残念だ。ただ、機会があればまた名乗り出たい。

──トステムやINAXなど傘下の事業会社5社を来年4月、合併し「LIXIL」に社名変更する。

 過去にも検討してきたが市場環境が今ほど悪くなかったため、そのときは社内融和を重視した。

 しかし新築着工はピーク時の7割まで落ち込み、産業構造自体が変化している。それに対処するため新築事業の人員3割を国内リフォームと海外事業に振り向ける。500人規模の海外専任の開発部隊を立ち上げ、現地採用も始める。

 並行して、生産から流通までまったく新しいビジネスモデルを構築する。住宅は30以上のサブコンストラクターから成るが、それぞれが縦割りの商流を持っているため非効率。LIXILが多様な商材を一度に提供することで現場の生産性は2~3割、配送費は5割改善しローコストを実現する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧