経営×物流

農地を巨大物流施設に再生、「農業」から「物流」に産業構造を転換

大和ハウスが千葉県流山市で国内最大級の物流施設開発

 物流不動産デベロッパーによる賃貸用物流施設の開発がますますヒートアップする一方、最大のマーケットである首都圏は用地が枯渇しつつある。こうした中、近年、物流施設の新たな集積地として注目される千葉県内陸部で、農地を東京ドーム約8.5個分の巨大物流施設に再生するプロジェクトがスタートした。

「DPL流山Ⅰ」は2018年2月の竣工予定

 大和ハウス工業(本社・大阪市北区、大野直竹社長)は21日、千葉県流山市で国内最大級となる物流施設「DPL流山」(総延床面積38万7000㎡)の第1期として、マルチテナント型の「DPL流山Ⅰ」を着工。開発地はもともと第一種農地だったが、関係官庁、パートナー企業、自治体の協力で開発許可が下りた。製造業の国内生産縮小や海外移転に伴い、工場跡地の物流用地への代替が進んでいるが、有力物件は入札価格も高騰。今回のプロジェクトは、後継者不足を抱える農地に着目し、「農業」から「物流」への産業転換を後押しするもので、今後、工場跡地同様に農地の物流用地化が進むのか――注目される。

物流用地不足、取得戦略は「買う」から「つくる」へシフト

大和ハウスの浦川常務執行役員

 開発地(敷地面積約18万2000㎡)は、農地転用が原則不許可で、公共性の高い事業の用に供する場合等は許可される「第一種農地」。「約65%は耕作放棄地で、次の(農業)担い手がなく、半ば荒地になっていく土地だった。農業から物流へ産業構造の転換を図るお手伝いをするプロジェクトの第1弾となる。地元の雇用と税収拡大に貢献したい」――。大和ハウスの浦川竜哉常務執行役員は起工式後の記者会見でこう語った。

 流山市は、近隣の柏市(千葉)、三郷市(埼玉)、印西市(千葉)、八千代市(千葉)と並び首都圏内陸部の物流適地として注目されるエリア。「(この土地は)第一種農地のため、(同業他社は)開発にこぎ着けることは現実的ととらえていなかったようだ。今回、国土交通省、農林水産省、千葉県、流山市、パートナー企業の多大なご協力により(第1期の)着工を迎えられた」と説明する。

 「DPL流山」の立地は常磐自動車道流山ICから約2.7㎞。首都圏では湾岸部に物流用地がなくなりつつあり、国道16号線、圏央道沿いを中心に内陸部へ開発エリアが拡大。ただ、都心や京浜港、成田・羽田空港とのアクセスに優れた「国道16号線内側」では物流用地が希少。「大和ハウスは区画整理事業を担当する部署があり、総合力をいかして、土地を『買う』から『つくる』へ(用地取得戦略を)シフトした」という。

経営×物流トップへ

カーゴニュース

Special Columns         <PR>

 

 

 

『カーゴニュース』

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている物流業界専門紙。物流報道の中に“荷主”という切り口を持った媒体として評価されている。主な内容は荷主企業の物流動向、行政の物流関連動向、トラック、倉庫、鉄道、海運、航空など物流企業の最新動向、物流機器、WMSソフトなどの関連ニュース等。週2回発行。


from.カーゴニュース

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている老舗・物流業界専門紙『カーゴニュース』とのコラボレーション連載。

「from.カーゴニュース」

⇒バックナンバー一覧