ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

民間による医療制度の改革を目指し
医学界のタブーに挑み続ける熱血漢
ティーペック社長 砂原健市

週刊ダイヤモンド編集部
【第131回】 2010年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ティーペック社長 砂原健市
Photo by Toshiaki Usami

 四十路を前に、砂原健市は生まれて初めて、血の小便を出した。診断結果は過度のストレスによる尿管結石。その後も事業が軌道に乗るまでに計4回患い、うち2回は救急車で運ばれた。

 かつて大学卒業後、東京・吉祥寺で設立した保険代理店は順風満帆だった。年商は4年で1億円、10年で6億円に達した。気がつけば、米AIUの保険代理店の中では、東京3多摩地区でナンバーワンの売り上げを誇るまでに成長していた。

 だが、ある出来事を機に、その成功をばっさりと捨て去った。

 会社設立から丸10年がたった1983年12月、母親が自宅で突然、倒れた。くも膜下出血だった。すぐに救急病院へと運ばれたが、脳外科はなく、総合病院へ転院したのは翌日のこと。処置が遅れたため、右半身麻痺の体となった。

 地域活動から絵画、俳句まで、あれほど活動的だった母親は、心身共にみるみる衰えた。それから約10年間、砂原は長男として母親を介護し続けた。

 「なぜこんな目に遭わなければならないのか」

 心底愛していた母親を変えた医療制度への強烈な怒り。これが新たな起業の原点となった。

 85年、保険各社に声をかけ、民間による救急サービスの事業化を目指す勉強会を発足させた。前例のないサービスを始めるに当たり、要した時間は約4年間。その間、旧厚生省に通った数はじつに87回に上った。

 そして89年6月にティーペックを設立。医師や看護師らによる24時間体制の相談サービス「ハロー健康相談24」を始めた。

法人需要を狙い利用者獲得に成功
相談件数は1200万件

 ところが予想ははずれた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧