ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
from dot.

ラーメン味のサイダーに、カレー味のコーラ…富山&金沢のヘンな「ご当地飲料」

dot.
2016年9月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
濃い色とコショウの味が特徴の「富山ブラックサイダー」(トンボ飲料提供)

 「富山ブラックラーメン」をご存じだろうか? 黒いしょうゆ味のスープと黒コショウが味の特徴である。「一度食べたらやみつきになるうまさ」をイメージした炭酸飲料があるらしい。その名も「富山ブラックサイダー」。ご当地ラーメンに便乗した“罰ゲーム飲料”的な商品ではなく、好評を得ているとか。どんな味がするのだろう?

 見た目はコーラのようだ。グラスに注ぐと、黒ビールに似た濃厚な泡が湧き上がる。口当たりはまろやかで、しょうゆの風味を感じるが、しょっぱくはない。のど越しはコーラに似ているものの、より強い刺激がある。飲み込んだ後も、唇に香辛料のピリピリ感が残った。最も似ているのはジンジャーエールか。決してまずくない。というか、まったく新しい味のおいしさなのだ。

 開発・販売を手掛けるのは富山市に本社があるトンボ飲料。創業120年で、現存する国内最古のラムネメーカーである。ガラスびんを傾けるとビー玉が涼しげな音を立てる懐かしい形のびんに入ったラムネや、シャンパン風のノンアルコール炭酸飲料「シャンメリー」が主力商品だという。富山ブラックサイダーは、2000年半ばから始まった“ご当地サイダー・ブーム”に合わせて、12年4月に発売された。「5万本を超えれば上々」という同社の予測に反して初年度から13万本を売り上げ、その後も好調を維持している。

 「ラーメンをサイダーにするとは、画期的なアイデア!」と驚き、担当者に開発の過程を聞いてみると、最初からうまくいったわけではない。11年に発売した柑橘系の「ラボンサイダー」に続けと、地元産の果物をイメージした商品開発で試行錯誤を重ねたが、梨やゆずなどで失敗が続いた。味のインパクトに欠けたり、安定して材料を確保できなかったり……。そこで挙がったのが富山ブラックラーメン。20代後半の営業担当者による「煮詰まった末の苦し紛れの提案」(担当者)だった。

次のページ>> 反対する幹部を説得
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


from dot.

『週刊朝日』や『AERA』を発行する朝日新聞出版のwebサイト「dot.」とのコラボレーション連載。

「from dot.」

⇒バックナンバー一覧