ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

蓮舫氏の二重国籍問題は謝罪しても終わらない

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第177回】 2016年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
蓮舫氏の「二重国籍問題」に決着はついたのか Photo:AFLO

 民進党の新代表には蓮舫議員が選出されたが、代表選のさなか、蓮舫議員には“二重国籍”疑惑が持ち上がり、騒動になっていた。

 疑惑は、議員は亡父が中国台湾省の出身、ご母堂が日本人なので“日台”両国の国籍を有したまま国会議員になったのではないか――、というものだ。日本のみならず、二重国籍はどの国でもあり得ることなのである。

 結論から言えば二重国籍は違法(二十歳になった時点で二重国籍だった場合、二年以内に国籍を選択しないと日本国籍を失う)なのだが、国籍法は“外国籍の離脱に努めなければならない”と努力規定を定めているだけなので、蓮舫議員は台湾籍の除籍を証明することで簡単に疑惑を晴らすことができた。それを、収拾がつかない騒動にしてしまったのは、他ならぬ蓮舫議員本人が繰り返しついた“嘘”が原因だ。

 アメリカ大統領選に出馬したヒラリー・クリントンの代名詞は“ライアー(嘘つき)”だが、一連の流れを振り返ると、民進党代表選に名乗りを挙げた蓮舫議員の嘘つきっぷりもヒラリーに負けてはいない。

 事の発端は今月三日、蓮舫議員が読売テレビに出演した際の、辛坊治郎氏とのやりとりだ。

辛坊:週刊誌やネットで二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないかって話があります。これについては?
蓮舫:私は生まれたときから日本人です。(台湾)籍、抜いてます。
辛坊:いつですか?
蓮舫:高校三年の十八歳で日本人を選びましたので。

 十八歳から日本人をやっている議員が生まれたときから日本人ってのも妙ちくりんな話だが、当初から蓮舫議員は“二重国籍ではない”“台湾籍は抜いてある(十七歳のとき学校を休み、父親と一緒に台北中日経済文化代表処へ行き手続きをした)”と説明していた。

 テレビでは十八歳で日本国籍を取得したと言っているが、今月六日の記者会見では十七歳になり、過去のインタビューでは帰化は十九歳と微妙に取得年齢が異なっていたりする。その辺の記憶違いは大目に見てもいい。

 旧国籍法では、父親の台湾籍がそのまま蓮舫議員の国籍になったが、一九八五年の法改正で国籍を選べるようになった。そこで日本生まれの蓮舫議員は母親の国籍を選び、日本に帰化したと言っているのだが、問題は、そのとき台湾籍を離脱しておいたか否かだ。台湾籍を放置しておくと“二重国籍”になるのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧