ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シネマClose-Up

エメリッヒ監督とは夫婦のようなものと、『2012』プロデューサー

【第21回】 2009年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ものすごい勢いでひび割れていく道路。逃げ惑う人々。そして、まるで土台を失った建物のように、海の中へと沈み行く大都市。映画『2012』は、古代マヤ文明の予言をもとに、2012年に地球が滅亡するまでの3年間を描いたディザスター(災害)映画だ。

 メガホンを取ったのは『インデペンデンス・デイ』(96年)や『デイ・アフター・トゥモロー』(04年)などで知られるローランド・エメリッヒ監督。ディザスターやパニック映画の名手が、これまでにないスケールで描いた本作は、この秋冬一番の話題作。

 そのエメリッヒ監督とは親友でもあり、『2012』では製作、脚本、音楽を手がけているのがハラルド・クローサーだ。1つひとつの質問に、丁寧に答えてくれるハラルドに、本作の出発点や盟友エメリッヒ監督のこと、そして、日本における洋画の低迷についても語ってもらった。

最初はエメリッヒ監督は
乗り気でなかった!?

──最初にエメリッヒ監督に『2012』のアイデアを話したときは、「もう、ディザスター・ムービーは作りたくない」と言われたそうですが、最終的にどうやって口説き落としたのでしょう?

ハラルド・クローサー
ハラルド・クローサー(Harald Kloser/『2012』製作・脚本・音楽)
1956年生まれ、オーストリア出身。音楽教師からプロミュージシャンに転向し、数々のアーティストの作曲・プロデュースを手がける。91年にロサンゼルスに拠点を移し、映画音楽にも進出。『13F』(99)『デイ・アフター・トゥモロー』(04)などの音楽を手がける。『紀元前1万年』(08)では音楽のほか、脚本と製作総指揮も務めている。

 ハラルド・クローサー(以下、HK):ローランドにとって、いいディザスター・ムービーとは、ディザスターがメインでない映画なんですね。この映画は、世界が完全に消滅するという設定で、確かにスケールは大きいのですが、その中で人間が行う様々な決断が描かれています。残されたわずかな時間をどう過ごすかという決断もあれば、ごく少数の人々しか生き残れない中で、誰を生かすかという決断を下す人もいる。そうしたドラマがあったからこそ、ローランドを説得できたのだと思います。

──最初から口説ける自信はあった?

HK:いいえ、まったくありませんでした(笑)。当時は『紀元前1万年』という映画の製作中で、監督と一緒にご飯を食べに行ったりすることが多かったんです。そのたびに話をしていたんですが、ある日ローランドが「やろう」と言ってくれたんです。そして、「やるからには、1番大きなスケールにしよう」とね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


シネマClose-Up

この週末、映画を楽しむのはいかがですか。今、話題の新作の主役インタビュー、新作映画情報などをお届けしていきます。

「シネマClose-Up」

⇒バックナンバー一覧