ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

牛丼すき家ブラジル進出で好評、背景に国内の飽和状態

週刊ダイヤモンド編集部
2016年9月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
世界のすき家の中で、常に売り上げ上位にランクインするサンパウロ・リベルダージの店 Photo by Masataka Tsuchimoto

 「ゴストーゾ(うまい)! これが日本ではやりの食べ物か」──。日本でも大いに沸いた五輪会場のリオデジャネイロから西へ約350キロメートル。南米最大の都市サンパウロ近郊で花卉農園を営む日系1世、藤原利貞さんは牛丼に舌鼓を打った。

 リオでは7日(日本時間8日)、パラリンピックも開幕し、ブラジルは世界から再び注目を集めている。日本から見てまさに「地球の裏側」のこの国で、日本代表選手に負けまいと、最大手の牛丼チェーンすき家(ゼンショーホールディングス)も奮闘しているのだ。

 日本人のブラジルへの集団移住は1908年に笠戸丸で781人が海を渡ったのが始まり。現在世界最大の日系コミュニティーを抱え、日本となじみが深い国だ。すき家が大手牛丼チェーンで初めて進出したのは2010年3月。当初は日系ブラジル人客を当てにしていたが、最近はブラジル人客の方が多い。右肩上がりに増えて現在13店舗。月末にもう1店舗増やす予定だ。

 関係者によると、サンパウロ中心部の日本人街リベルダージの店はすき家店舗別月額売上高でたびたび世界第2位に躍り出る“銀メダル級”の人気店になった。約140席もある店内はアニメのイラストなどで内装され、日本文化の発信拠点としてもアピール。牛肉、玉ネギ、米など材料のほとんどは地元か周辺国で調達している。

次のページ>> GYUDONは世界へ
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧