ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊・上杉隆

福田首相は諫早湾訴訟の控訴でサミット議長としての成果を逃した

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]
【第37回】 2008年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 燃えるようなシチメンソウの赤い花が一面に咲いている。泥の上ではムツゴロウが、不器用にその胸ビレを羽ばたかせている。シオマネキの大群は波を呼び込むかのように、その大きな片腕を海に向けて回している。

 約10年前、筆者が諫早湾を訪れた時に見られた美しい光景が忘れられない。

 諫早湾干拓事業による干潟の消滅によって、当時の美しい景色は消えてしまった。豊かな周辺の漁場にも影響が現れ、海苔の養殖は壊滅的な被害を受けた。潮受け堤防はまさしく「ギロチン」のように、多くの干潟の生物を死に追いやったのだ。

鳩山法相の「待った」は
パフォーマンスではない

 6月28日、佐賀地裁は、潮受け堤防の開門を求める漁協関係者の訴えを認めて、被告である国への敗訴判決を言い渡した。

 若林農水大臣は控訴期限前日(7月10日)には、控訴を決めて、北海道洞爺湖サミットを終えたばかりの福田首相に報告する予定であった。だが、ここで思わぬ妨害が入った。

 国家賠償請求で一部権限を持つ鳩山法務大臣が、「無条件での控訴は認められない」として、待ったをかけたのだ。

 農相と法相の対決は、思わぬ事態に発展するかにみえた。北海道でサミットに参加中の福田首相は、東京に戻ると法務相に面会して、その意向を確認した。だが、自らの判断は保留し、結局、農水大臣に決定を預けた。

 それでも鳩山法務大臣の「暴走」は止まらない。控訴断念を狙って、若林農水大臣との直談判に賭けたのだ。

 結果は、控訴断念には至らず、環境アセスメントの再実施に留まった。そして国のその動きを見て、原告も福岡高裁に控訴した。

 内閣不一致ともいえるこの騒動を、多くのメディアは「法相のパフォーマンス」と片付けてしまったようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く

「お腹の調子が悪い」と政権を投げ出した安倍首相。「あなたとは違うんです」と逆ギレして職を辞した福田首相。そして漢字と空気が読めず政権崩壊寸前の麻生首相。この国の政治の混迷とメディアの体たらくを上杉隆が斬る。1500円(税込)

話題の記事

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]

株式会社NO BORDER代表取締役。社団法人自由報道協会代表。元ジャーナリスト。1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業。テレビ局記者、衆議院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者、フリージャーナリストなどを経て現在に至る。著書に『石原慎太郎「5人の参謀」』 『田中真紀子の恩讐』 『議員秘書という仮面―彼らは何でも知っている』 『田中真紀子の正体』 『小泉の勝利 メディアの敗北』 『官邸崩壊 安倍政権迷走の一年』 『ジャーナリズム崩壊』 『宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く』 『世襲議員のからくり』 『民主党政権は日本をどう変えるのか』 『政権交代の内幕』 『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 『暴走検察』 『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』 『上杉隆の40字で答えなさい~きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」~』 『結果を求めない生き方 上杉流脱力仕事術』 『小鳥と柴犬と小沢イチローと』 『永田町奇譚』(共著) 『ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命』 『この国の「問題点」続・上杉隆の40字で答えなさい』 『報道災害【原発編】 事実を伝えないメディアの大罪』(共著) 『放課後ゴルフ倶楽部』 『だからテレビに嫌われる』(堀江貴文との共著)  『有事対応コミュニケーション力』(共著) 『国家の恥 一億総洗脳化の真実』 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 『大手メディアが隠す ニュースにならなかったあぶない真実』


週刊・上杉隆

永田町を震撼させる気鋭の政治ジャーナリスト・上杉隆が政界に鋭く斬りこむ週刊コラム。週刊誌よりもホットで早いスクープ情報は、目が離せない。
2011年12月終了、後継新連載「週刊 上杉隆」はこちら

「週刊・上杉隆」

⇒バックナンバー一覧