橘玲の世界投資見聞録 2016年9月29日

アメリカの素朴な「民主主義」への幻想が
「イスラム国」を生み出した
[橘玲の世界投資見聞録]

 イギリスの国際政治学者トビー・ドッジの『イラク戦争は民主主義をもたらしたのか』(みすず書房)は、タイトルで損をしている本の典型だ。誰だってその答えは知っている。いまのイラクには「民主主義」のかけらもないのだ。

 しかし、これは仕方のないことでもある。原著が刊行されたのは2012年で、そのタイトルは「IRAQ: From War To A New Authoritarianism(戦争から新たな権威主義へ)」とされていた。「新たな権威主義」とは、2008年にシーア派などの支持でイラク首相となったヌーリー・マーリキーのことだが、邦訳が刊行された2014年6月にはマーリキー政権は末期を迎えており、8月には政権の座を追われてしまう。「新たな権威主義」が崩壊したのは、シリア国境から勢力を伸ばしてきたIS(イスラム国)によってイラク北部の都市が次々と陥落したためだ。周知のように、その後ISは国際社会の最大の脅威になるが、この時点ではそこまで予測するのは困難だった。

 だがいまなら、もっといいタイトルをつけることができる。たとえば、『イスラム国はいかにして生まれたのか』のように。

 ISの前身は「イラク(ないしはメソポタミア)のアルカーイダ」で、それが2006年に「イラク・イスラム国(ISI)」、2013年に「イラクとシャームのイスラム国(ISIS)」を名乗るようになる。シャームはシリア、レバノン、ヨルダン、パレスチナを含む東地中海沿岸地域を指すアラビア語で、英語では「レバントThe Levant」に相当する。こちらを使うとISIL(イラクとレバントのイスラム国)になるが、「レバント」は西欧の呼称で植民地主義の残滓として嫌われるため、「ISIS(アイシス)」の呼称が一般的になった。それが2014年6月に「国家」の樹立と「カリフ制」を宣言し、「イスラム国」となったのだ。

 もっとも、欧米はもちろんアラブ諸国もこれを国家と認めていないため、日本では「IS」、CNNなど欧米メディアは「ISIS」、アラブ圏ではアラビア語の頭文字をとって「ダーイシュ」と呼ばれている。こうした来歴を見ても、「イスラム国」がイラクに起源を持つことは明らかだ。

イスラム国(ISIS)の国旗として使用されている旗                   Photo:Gilmanshin / PIXTA(ピクスタ)

 ドッジがこの本を執筆したときはまだアラブの春がシリアを崩壊させることは予測できなかっただろうが、2003年3月のイラク戦争からアメリカによる占領、11年12月のオバマ大統領の「終結宣言」までを冷静に評価することで、イラクでなぜ「イスラーム原理主義の暴力的カルト集団」が育っていったのかを鮮やかに描写している。

イスラム国はいかにして生まれたのか?

 ドッジはまず、イラクにおける「暴力の前史」から話を始める。

 イラクはサッダーム・フセインのもと、1980年から88年まで“革命”イランと戦い、1991年にはクウェート侵攻でアメリカを中心とする連合軍に「懲罰」され、その後も大量破壊兵器保有の疑いで経済制裁の対象となったことで高度に軍事国家化していた。

 1989年には、この国の常備軍は兵力100万、備蓄兵器(火器)420万という規模になり、同時に民間人による銃砲の所有件数も跳ね上がって、320万の銃がふつうの人々の手に渡ったとされる。

 9.11の同時多発テロを背後で操ったとして、2003年、アメリカとイギリスの連合軍がイラクへの開戦を宣言すると、国軍はあっけなく崩壊して武器庫は民衆の略奪にあい、治安機関が管理していた420万の銃砲が社会の隅々にまで出回った。2003年5月1日の「戦闘終結宣言」で連合国暫定当局による統治と復興事業が始まるが、その時点ではイラクは完全な銃社会になっていた。

 略奪の対象になったのは、銃などの武器にとどまらなかった。バアス党政権が倒れると、最初の3週間でバグダードにあった23の官公庁施設のうち17が、がらんどうと化した。はじめはコンピュータなど持ち運びが容易なものが狙われたが、そのうち家具調度類、さらには壁に配線されていたケーブルまでが取り除かれ、銅とアルミニウムの価格を大幅に押し下げるにいたった。

 混乱に輪をかけたのがアメリカの占領政策だった。米政府が派遣した文民行政官ポール・ブレマーは就任するやいなやイラク軍の解体を決定し、訓練を受けた40万もの元国軍兵が武装した状態で街頭に放り出され、失業の憂き目にあった。

 ブレマーはさらに脱バアス党政策を推し進め、旧政権の幹部や行政官が大量にパージされ、公務員の上層を占めていた2万から12万人が職を失ったとされる(数字に大幅な開きがあるのは信頼できる統計がないからだ)。

 アメリカは占領軍として、フセイン政権時代の軍、警察、行政機構をほぼ完全に解体したが、それを補完するだけの要員をイラクに留めておこうとはしなかった。そうなれば、権力の空白は旧政権とつながりのない者が埋めるしかない。

イラクに介入したアメリカ軍が間接的にイスラム国を生み出した Photo:dragunov / PIXTA(ピクスタ)

 フセイン政権の母体だったバアス党はアラブ民族主義の政党だが、イラクでは少数派のスンナ派が上層部を占めていた。アメリカが信奉する「民主主義」からしても、新生イラクは多数派のシーア派が中心になるのが当然だった。こうして、アメリカの肝煎りで設立された統治機構「イラク統治評議会」はシーア派13人、スンナ派5人、トルコマン人とキリスト教徒がそれぞれ1人という構成になった。そのシーア派も亡命者が中心で、国外でイラク侵攻を積極的に支持した彼らは、バグダードに戻っていち早くイラクの政治機構を独占することに成功したのだ。

 アメリカ占領軍の政策は、イラク国内の既存の政治エリートに統治機構内のいかなる役割も与えないというものだった。それは結果的にシーア派を一方的に優遇し、スンナ派を徹底して排除することになった。こうしてイラク社会に潜在していた宗派対立を目覚めさせることになったのだ。

きっかけは米軍によるファルージャ攻撃だった

 ドッジは、イラク社会が暴力によって崩壊するきっかけをつくったのは、米軍によるファルージャ攻撃だと指摘する。

 「モスクの街」とも呼ばれるファルージャはイラク中部の都市で、住民の多くはスンナ派でバアス党幹部を多く輩出していた。占領後は治安維持をアメリカ海兵隊が担当していたが、2003年4月、学校に米軍が駐留していることに抗議していた住民に米軍が発砲し、17名が死亡する事件が起きた。この「虐殺」への報復として04年3月、アメリカの民間警備会社に勤める4人が現地武装勢力によって殺されると、海兵隊はファルージャをテロリストの巣窟として4月に包囲掃討作戦を開始し、3日間で住民・武装勢力600人が死亡する大きな被害を出した。9月にはアルカーイダ系の武装勢力の掃討を目的に連日空爆を行ない、11月には米海兵隊とイラク治安部隊(シーア派)の合同軍が大規模な攻撃を仕掛け、1週間の攻撃で武装勢力1000人以上を殺害したが、これによってファルージャの街は灰燼に帰し、30万の住民の大半が避難民になった。

 ファルージャを逃れて過激化したスンナ派避難民は、スンナ派が多く住むバグダード西部に流れ込み、それまで複数の宗派が共存していたこの地域からシーア派住民を追放した。こうして05年5月には、バグダードとその近郊は内戦の渦中に投げ込まれることになったのだ。

 スンナ派の武装組織で主導的な役割を果たしたのはイラク・イスラーム軍、アンサール・スンナ、イラク・イスラーム抵抗戦線、イラクのアルカーイダなどの集団だが、その名前からわかるように、この時点で抵抗のイデオロギーはイラク民族主義から宗派主義(スンナ派のシーア派に対する戦い)に変わっていた。なかでももっとも凶悪なのはイラクのアルカーイダで、ウサーマ・ビン・ラーディンの側近であったヨルダン生まれのザルカーウィーは、米軍施設やシーア派モスクへの自爆攻撃によってイラクを血なまぐさい内戦の泥沼に引きずり込むことを目論んだ。

 スンナ派武装組織が自動車爆弾や自爆テロといった手段でシーア派モスクを攻撃し、多数の犠牲者を出すと、こんどはシーア派社会の代弁者を標榜する民兵組織がスンナ派ムスリムに対する報復に出て、誘拐や殺害を繰り返した。05年1月から6月までのあいだに130件の自爆テロが起きたが、その大半は他の宗派を狙ったものだ。

 06年2月22日、シーア派にとってもっとも神聖な聖廟とされるサーマッラーのアスカリー廟モスクが爆破され、多数の信徒が死傷したことで宗派間の暴力はさらに激しさを増した。イラク最高位のシーア派ウラマーであるアリー・シスターニー師はそれまで宗派主義的な暴力行為を禁じていたが、この爆破事件を受けて1週間の服喪と抗議行動を呼びかけた。さらに、政府が信仰の場所を守ることができないのであれば、「神の助けを借り、信徒が守る」と付け加えた。これによって、バグダード内のスンナ派モスクが次々と報復の対象とされた。

 だがそれよりも深刻なのは、宗派主義に基づく暴力を恐れ、あるいは脅迫を受けたために避難するひとびとの大規模な人口移動が生じたことだった。イラク政府の推計では、この爆破事件後に発生した避難民は36万5000人にのぼり、そのほとんどはバグダードおよびその近郊者だった。また軍関係者によると、バグダードの殺人発生状況は深刻の度を増し、1日平均11件から33件に増えた。国連の統計は、2006年だけで3万4452人の民間人が殺害されたことを示している。

 憎悪と暴力の連鎖が止められなくなると、どの宗派に属するひとも、自らを犠牲者と考えるようになった。バグダード市民は自分たちの居住区にこもり、暗殺集団や自爆テロリスト集団から身を守るために遮蔽物を設けた。民兵組織が常駐していない地区では、住民が武装集団を結成したり、金銭(みかじめ料)を払って民兵組織に警備を依頼するなどの対策をとらざるをえなかった。暴力の激化によって宗派ごとに市民が分断され、06年が終わるころには、バグダードは壁に囲まれたゲットーの寄せ集めと化していた。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。