ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

日立やエルピーダへの公的資金支援は本当に必要なのか

 「大きな政府」×「モラルハザード」=「競争力低下」

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第37回】 2009年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今週、産業活力再生法の改正法案が国会で可決、成立しました。政府が一般企業に出資(公的資金を注入)する枠組みが整備されたのです。これで政府は政策投資銀行を通じて、一般企業に出資も大規模融資もできるようになりました。しかし、この政策は、15兆円という補正予算の大盤振る舞い以上に将来に禍根を残す可能性があるのではないでしょうか。重要な問題ですので、今回はこの政策の問題点を整理しておきたいと思います。

中途半端な政策目的

 まず気になるのは、一般企業への政府出資という政策の目的が中途半端というか不明確ではないか、ということです。

 新聞報道によると、(1)売上と資本の急減、(2)一定規模以上の雇用、(3)民間からの出融資、(4)企業価値を向上させる事業計画の策定、という4つの条件をクリアした企業が政府出資の対象になるようです。(1)は大抵の企業が直面しているし、(3)はある意味で当然のことなので、問題は(2)と(4)でしょう。

 (2)が意味するところは雇用の維持でしょう。しかし、採算性が低くなった大企業を本当に再生させようと思ったら、人員整理や不採算事業の売却など大規模なリストラは不可避であり、雇用の維持は難しいのです。雇用の維持という美名の下での非効率企業の温存と、危機を逆バネにした企業の再生の促進の、一体どちらに主眼が置かれているのでしょうか。

 新聞報道によると、政府は出資先企業の経営には関与しない方針のようです。それ自身は正しいと思いますが、裏を返せば、字面だけの厳しい計画を書いてその場凌ぎをできる余地を支援先企業に与えてしまいかねません。出資者である政府が出資先企業のガバナンスに関与しないとしたら、その企業が厳しい再建計画を本当に実行するかを誰が監督/担保するのでしょうか。

 その他様々な点から判断すると、この制度を立案した側の意図は、形式的には短期的な雇用の維持、実質的には非効率大企業の温存と問題先送りにあるとしか思えません。

“危機の常連さん”の救済?

 実際、政府出資の候補や政投銀融資先としては、過去の不況の度に危機や非効率性が指摘されつつも、結局抜本的な手術が行われずに非効率なまま温存されてきた企業の名前ばかりが報道されています。

 出資先として名前が挙がっている企業は電機業界ばかりです。このうち、パイオニアについては、主力事業カーナビのグローバル市場でのシェアやブランド力を考慮すれば、新たな企業価値や雇用を生み出せる可能性があり、政府支援には合理性があるように見受けられます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧