ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

東京→地方→海外の移動型ファブレスで
アイディア勝負のファッション雑貨を生産
トランザクション社長 石川 諭

週刊ダイヤモンド編集部
【第132回】 2010年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
トランザクション社長 石川 諭
Photo by Toshiaki Usami

ここに一見なんの変哲もない4色ボールペンがある。ところが、色は赤、青、黒の3色しかない。黒がボール径1ミリメートルと0.7ミリメートルの2本あるためだ。

 「緑色って使わないでしょ」。この4色、いや3色4用途ボールペンを開発したトランザクション社長の石川諭はさらりと言う。一般的な4色ボールペンは350円以上するが、同社の商品は78円と破格の安さ。年間400万本を売るヒット商品だ。

 ほかにも風呂で使え、しかも置き方によって、時計、温度計と異なる使い方ができる「4WAYバスクロック」や、五角形の「合格鉛筆」など、同社の商品はちょっと変わったデザインや、あったら便利という“変わり種”が多い。

 次々にアイディアが飛び出すのは、石川自身が「面倒くさがり屋なので、あったら便利だなと思いつく。もうクセになっている」からだ。

 これまでに開発した商品は、OEM(相手先ブランド製品の受注生産)を含めて1万アイテムを超える。

創業25期で赤字は最初の1期だけ
身軽で堅実な経営

 トランザクションの設立は1987年のこと。

 当時の雑貨はデザイン性に乏しかった。そこで、「流行を取り入れたおしゃれな雑貨を作ろう」と、勤めていたアパレル企業を退社して会社を設立した。石川が25歳のときである。

 まずは、大手企業のノベルティ商品などの生産を請け負うOEMから始めた。

 東京の墨田区や江戸川区にある町工場に、自分の企画やデザインを持ち込み製造を委託した。町工場は電話帳で探したり、クルマで街中を走り回り看板を見つけては飛び込んだ。「モノづくりは下町の工場で学んだ」と振り返る。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧