ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金現物の裏づけをもち、 少額からの金投資に便利な金ETF 「SPDR(R)ゴールドシェア」

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ SPDR(R)ゴールド・シェア

金現物の裏づけをもち、
少額からの金投資に便利な金ETF
「SPDR(R)ゴールドシェア」
少額からの金投資に便利な金ETF

著者・コラム紹介

 欧州、米国、日本といった先進国の経済が停滞し、株価が振るわないなか、日に日に存在感を増している「金」。そんな「金」に投資するなら、欧米では多くの個人投資家が活用する「ETF」での投資がお勧めだ。そのメリットとは?

SPDR(R)ゴールド・シェアが保有している金のラージバー。金現物の裏づけがあるのがこの商品の大きな特長。

 欧州の財政悪化や米国経済の二番底懸念などに翻弄され振るわない株式市場を尻目に、金価格は歴史的な高騰を記録してきた。これを受け、国内外で金投資への関心が高まっている。金へ投資する手段はいくつかあるが、そのなかでも際立って脚光を浴びているのが金ETFである。

 「ETF」は、多くの投資家から集めた資金をひとまとめにして運用する投資信託の一種。しかし、株式のように証券取引所に上場し、時価で売買できる流動性を持つ点が大きな違いだ。ETFは、さまざまな指標(株式指数など)に連動するよう設計されている。金価格の値動きを反映するのが金ETFだ。

金価格の上昇につれ、金ETF全体の資産残高も大きくなっている。そのなかでも「SPDR(R)ゴールド・シェア」の伸びは著しく、シェアも圧倒的だ

 金ETFにはいくつかの種類があるが、世界的最大のシェアを誇っているのは、ステート・ストリート・グループが2004年に開発した「SPDR(R)ゴールド・シェア」である。金現物(国際価格)に連動する設計になっており、08年6月には東京証券取引所にも上場した。

 金ETFの強みの一つは、コストだ。小額から投資ができ、手数料や管理維持のコストも割安だ。

 たとえば金地金のラージバー(*)を1本買うには何千万円もの資金が必要だし、その後の持ち運びや保管も大変だ。

 また、証券取引所に上場しているのも見逃せないポイントだろう。証券口座を通じて、値動きを見ながらタイミングよく市場で自由に売買できるからだ。

金価格は、株価とは異なる値動きをする特徴があり、リスク分散の効果が見込める

 そもそも、金価格は株価と異なる値動きをする傾向にあるため、ポートフォリオの一部に加えれば、資産全体のリスク分散の効果も期待できる。

 さらに、数ある金ETFのなかでも、金現物の裏づけがある点が「SPDR(R)ゴールド・シェア」の大きな魅力だ。「SPDR(R)ゴールド・シェア」に投資された金額分だけ金現物が購入され、それらが続々とロンドンの専用地下金庫にプールされる仕組みになっている。金ETFのなかにはペーパーアセットの・仕組み債・も存在するが、金現物の裏づけがある本商品は、信用リスクとも無縁である点が心強い。

 (1)手軽で、(2)割安な、(3)分散投資のツールというETFのメリットに加え、こうした安心感は世界的に認められ、長期投資を念頭に置いた機関投資家からの資金も大量に流入している。他を圧倒する資産残高を集めているのだ。

*ラージバー1本当たりの重さは、平均約400トロイオンス(約12.5kg)

SPDR(R)ゴールド・シェア 概要
(2010年8月末現在)
上場市場:ニューヨーク、シンガポール、東京、香港、メキシコ
純資産総額:約520億ドル(約4.4兆円)
ETFが保有する金地金:約1300トン
購入単位:1口
東証コード:1326
http://www.spdrgoldshare.com/
<SPDR(R)ゴールド・シェアの投資にかかるリスク>SPDR(R)ゴールド・シェア(以下当ETF)は、金の国際価格(ロンドンPM Fix)を連動対象とします。当ETFのリスクには、金価格の変動リスク、外貨建て資産に投資することに伴う為替リスク、金市場の流動性リスクなどがあり、これらのリスク要因により当ETFの価格が変動し、その結果、投資元本を損なう可能性があります。なお、当ETFのリスクは上記に限定されるものではありません。リスク全般に関する詳しい内容は有価証券報告書でご確認ください。
<その他:ETFの投資にかかる一般的なリスク>
一般にETFには上場廃止リスクがあり、純資産規模が縮小するなど、運用が困難になった場合や、上場取引所の上場基準に合致しなくなった場合、上場廃止となることがあります。また市場価格とETFの一口あたりの純資産額が乖離する可能性があります。※これらは主なリスクであり、ETFへの投資に係るリスクはこれらに限定されるものではありません。
<手数料・費用>
▪売買手数料/売買する際には、取扱いの金融商品取引業者の定める売買手数料がかかります。
▪当ETFの信託にかかる費用/年率0.40%程度です。この費用には、管理会社・受託銀行に支払う報酬、マーケティング・エージェントに支払う報酬、監査費用等が含まれます。これらは、運用の状況等によって変動するため、上限を示すことができません。当ETFの運営費用は将来に渡り変更される可能性があります。
■商品構成4社
▪管理会社:ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシー
▪信託受託者:ザ・バンク・オブ・ニューヨーク
▪カストディアン:HSBC銀行USA
▪マーケティング・エージェント:ステート・ストリート・グローバル・マーケッツ・エルエルシー

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
TEL:03-4530-7152
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー39階
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(年商)第345号 加入協会:日本証券投資顧問業協会、投資信託協会、日本証券業協会


[PR]
「資産運用の極意」トップページへ
DOLトップへ
お問い合わせ先

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社

東京都港区赤坂9-7-1

ミッドタウン・タワー39階

TEL:03-4530-7152

http://www.spdrgoldshare.com/

金融商品取引業者 登録番号:
関東財務局長(年商)第345号
加入協会:日本証券投資顧問業協会、投資信託協会、日本証券業協会

詳しくはこちら



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧