ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ポンドが対ドルで8月半ば以来の安値、EU離脱交渉の開始時期判明

2016年10月3日

[ロンドン 3日 ロイター] - 3日朝の欧州外国為替市場で、英ポンドが対ドルで下落し、7週間ぶりに1ポンド=1.29ドルを割り込んだ。メイ英首相が2日、欧州連合(EU)離脱に向けた交渉を来年3月末までに始めると表明し、改めて同国経済への悪影響に対する懸念が広がった。

ポンド<GBP=D4>は0.8%安の1.2873ドルと、8月16日以来の安値。対ユーロ<EURGBP=D4>でも下落し、7週間ぶり安値圏で推移している。

シンクフォレックスのアナリスト、Naeem Aslam氏は「(メイ首相の)コメントで、来年は非常にボラティリティーが高まるとの見方が広がった」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧