ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏の税逃れに賛否両論、半数近くが「賢い」と回答=調査

2016年10月5日

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補で、多額の資産を持つ不動産王のドナルド・トランプ氏が長期間にわたって所得税を支払っていなかった可能性があることについて、米国人の半数近くが、「頭がいい」と考えていることが分かった。一方、「利己的」「非愛国的」と考える人は過半数に上った。ロイター/イプソスが4日に公表した最新の世論調査で判明した。

米大統領選の候補者が税金を支払わないことをどう考えるかとの質問に対して、67%が「利己的」、61%が「非愛国的」と回答した。

その半面、課税を回避する手法を考え付いたことに対して敬意を表する向きも少なくはなく、調査では、46%が「頭がいい」と答えた。

米ニューヨーク・タイムズ紙は、トランプ氏が1995年に9億1600万ドルの損失を申告していたと報道した。同紙によると、トランプ氏はこの損失計上により税額控除を受けた結果、最長で18年にわたって連邦所得税の支払いを免れていた可能性があるという。トランプ氏は報道を否定せず、税法を「見事に活用した」として自画自賛した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧