ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国株式市場は反発、エネルギー・金融株に買い

2016年10月6日

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米国株式市場は反発して終了した。原油価格の上昇を受けエネルギー関連株が買われたほか、米経済指標が好調だったことで利上げ観測が高まり、金融株に買いが入ったことが押し上げ要因となった。

米供給管理協会(ISM)が発表した9月非製造業部門総合指数が11カ月ぶりの高水準に上昇し、連邦準備理事会(FRB)の年内利上げにつながる米経済の強さが示された。フォート・ピット・キャピタル・グループのシニア株式調査アナリスト、キム・フォレスト氏は「経済にはいくつかの好材料が存在する」と語り、企業利益が上向くことへの期待が強まっていると指摘した。

ISM指数発表後にフェデラルファンド(FF)先物が織り込む12月の利上げ確率は65%近くになった。こうした中でウェルズ・ファーゴ<WFC.N>が2.8%高、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>が2%高となるなど金融株の堅調が目立った。

エクソンモービル<XOM.N>とシェブロン<CVX.N>がともに0.9%上昇するなどエネルギー株もしっかり。

短文投稿サイトのツイッター<TWTR.N>は5.7%高。今週中に身売りに向けた入札手続きに入る見通しだとウォールストリート・ジャーナル紙が伝えた。

金利上昇が打撃となるセクターはさえない値動きで、S&P不動産株指数<.SPLRCR>は1.9%下落。高配当を提供する通信や公益なども売られた。

フォレスト氏は「最近の10年債利回り上昇を見ると、利回りだけを目当てに高配当銘柄を買っているとすれば問題となる可能性があることを示唆している」と述べた。

顧客情報管理のセールスフォース・ドット・コム<CRM.N>は5.8%下げた。ベニオフ最高経営責任者(CEO)がツイッター買収に動くとの観測について、みずほ証券が懸念を表明した。

コンサルティングのブーズ・アレン・ハミルトン<BAH.N>は、社員が政府の機密情報を盗んだ疑いで逮捕されたと伝えられ、3.8%安となった。

米取引所の合計出来高は70億株強で、過去20営業日平均の72億株を下回った。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が1.55対1、ナスダックが2.19対1でいずれも上げが優勢だった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 18281.03 +112.58 +0.62 18205.50 18315.82 18205.50 <.DJI>

前営業日終値 18168.45

ナスダック総合 5316.02 +26.36 +0.50 5305.28 5330.81 5304.06 <.IXIC>

前営業日終値 5289.66

S&P総合500種 2159.73 +9.24 +0.43 2155.15 2163.95 2155.15 <.SPX>

前営業日終値 2150.49

ダウ輸送株20種 8128.01 +53.12 +0.66 <.DJT>

ダウ公共株15種 643.29 -2.09 -0.32 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 833.71 +6.37 +0.77 <.SOX>

VIX指数 12.99 -0.64 -4.70 <.VIX>

S&P一般消費財 636.07 +2.45 +0.39 <.SPLRCD>

S&P素材 297.41 +1.98 +0.67 <.SPLRCM>

S&P工業 504.03 +2.87 +0.57 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 537.41 -0.96 -0.18 <.SPLRCS>

S&P金融 325.28 +4.81 +1.50 <.SPSY>

S&P不動産 190.29 -3.75 -1.93 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 521.79 +7.24 +1.41 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 834.02 +2.60 +0.31 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 164.90 -2.99 -1.78 <.SPLRCL>

S&P情報技術 800.87 +3.53 +0.44 <.SPLRCT>

S&P公益事業 239.52 -0.59 -0.25 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.86億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 16985 + 165 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 16950 + 130 大阪比 <0#NIY:>

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧