ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

パキスタン、インド番組の放送取締り強化 両国関係の緊張で

2016年10月7日

[イスラマバード 6日 ロイター] - パキスタンのメディア当局は6日、インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方で暴力がエスカレートしていることを受け、インドのテレビチャンネルや番組を放送している企業に対する取り締まりに着手した。

パキスタン電子メディア委員会(PERMA)の報道官は、「最近の緊張関係を受けて、インドのチャンネルと連続コメディ放送の完全禁止を求める国民の声もある」と述べた。

パキスタンの法律は、1日当たり各局86分のインド番組の放送のみ認めている。だが、インドの映画やテレビドラマは人気があるため、娯楽チャンネルやケーブルTV運営会社は日常的にこのルールを無視。

インドのテレビショッピングも禁止されているが、パキスタンでは普及している。

当局は4日付の声明で、インドの番組を違法に放送した場合、「事前の通告や釈明の機会を与えることなく」、放送免許の取り消しや停止処分を下すと述べた。取り締まりの開始は、15日からだという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧