ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

12月米利上げ観測優勢、雇用統計発表受け=短期金利先物

2016年10月8日

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 9月米雇用統計の発表を受け、7日午前の米短期金利先物市場は、12月利上げ観測が優勢となっている。

CMEのフェドウォッチによると、市場が織り込む12月利上げの確率は約65%、前日は63%前後だった。

11月利上げ確率は8.3%、前日時点は14.5%だった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧