ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスの落とし穴

『議論の脱線』
~何の話をしていたんだっけ?~

――「ビジネスの落とし穴」その(7)

嶋田 毅 [グロービス 出版局長兼編集長、GLOBIS.JP編集顧問]
【第7回】 2008年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回diamond.jp/articles/-/2253までは、上司が部下に指示を出す際の典型的な落とし穴について見てきた。

 今回から2回にわたって、会議運営に関連する落とし穴について紹介していく。会議の生産性を上げることは、組織の生産性を上げることに直結するにもかかわらず、必ずしも生産的ではない会議が行われている企業は多い。ぜひヒントにしていただきたい。

 会議編第1回目の今回は、「議論の脱線」による時間の浪費という落とし穴について紹介する。

【失敗例】営業企画室 戸塚氏のケース
「結局何のための議論だったのか」

 菓子メーカーの営業管理室長、戸塚三樹夫は営業部内の会議の司会をしていた。出席者は営業部の主だった管理職だ。定例的な営業報告の後、今回の重要な議題「事務ミスを減らすにはどうするか」の議論となった。

 冒頭で戸塚が、

■昨年の実績で誤発注や誤請求といった事務ミスが明らかにそれ以前と比べて増えており、営業損益ベースでも影響が出ている

■取扱商品数が一昨年以来急増しているのに対し、要員の手配や教育が追いついていない点が重要な原因か

といった順序で、資料で数値を示しながら説明をした。そしておもむろに皆を見渡して問いかけた。

 「さて、これに対して効果的な打ち手を考えたいんだが、皆の意見を聞きたい」

 すると大規模小売店担当の清水が口を開いた。

 「最近の若手はどうも注意が散漫ですな。事務ミスに限らず、客先に行ってきてニーズを聞き取るという点でも、どうも抜け漏れが目立ちますよ。この間もね、うちのところの小田原君が、先方の指定配達時間が繰り上がったのを社内に伝達するのを忘れていたことがありましてね」

戸塚「清水さん、それも分かるが、ここでは、どうするかを考えてくださいよ」

清水「いや失礼。では、新人教育のプログラムに事務の基本を盛り込みましょうか」

岡崎「いま、新人研修では、どの程度その辺の内容を盛り込んでるんでしたっけ?」

 それに対し、戸塚の秘書役で総務担当の蒲原が答えた。

 「伝票の様式、記入マニュアルについて、各セクションのベテラン社員を講師役にして、一通りロールプレイをやっていますね」

清水「それだけじゃ足りないということかな」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
嶋田毅氏の最新著書「ビジネス仮説力の磨き方」 好評につき、増刷決定!

目のつけどころがよく、独自性がある――ライバルの一歩先をいく仮説をいかにすばやく作るか。どうやって検証し、実行に落と込んでいくか。発想の幅を広げ、実現可能性を高め、走りながら仮説検証を繰り返し、いち早く実践に到達するための実践的プロセスを一挙公開。1680円(税込)

話題の記事

嶋田 毅 [グロービス 出版局長兼編集長、GLOBIS.JP編集顧問]

東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。戦略系コンサルティングファーム、外資系メーカーを経てグロービスに入社、主に出版、カリキュラム設計、コンテンツ開発、ライセンシングなどを担当する。現在は出版、情報発信を担当。累計120万部を超えるベストセラー「グロービスMBAシリーズ」や、「グロービスの実感するMBAシリーズ」のプロデューサーも務める。
グロービス経営大学院や企業研修においてビジネスプラン、事業創造、管理会計、定量分析、経営戦略、マーケティングなどの講師も務める。また、オンライン経営情報誌 GLOBIS.JPなどで、さまざまな情報発信活動を行っている。


ビジネスの落とし穴

思い込みや勘違いなどビジネスの現場に多く潜む『落とし穴』。具体的な「失敗談」を紹介しながら、クリティカルシンキングの手法を使って、落とし穴の「原因」と「解決法」を探る!

「ビジネスの落とし穴」

⇒バックナンバー一覧