ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

フィリピン、公共の場での喫煙を全面禁止に 禁煙法が来月発効

2016年10月12日

[マニラ 12日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領が今月、公共の場での喫煙を禁止する大統領令例に署名する見通しだと分かった。ウビアル保健相の話としてメディアが報じた。

同相は11日、大統領が10月中に署名し来月発効することを期待しているとロイターに述べた。

新聞報道によると、室内外を問わず、公共の場での喫煙は禁止される。「公園やバス停、車内は全て公共の場とみなされる」とウビアル保健相の話として当初報じられたが、その後、禁煙が適用されるのは公共の自動車だけだと同相は明確にした。

ロイターが入手した大統領令の草案によると、建物から少なくとも10メートル離れた屋外に喫煙エリアが設定される。

東南アジアのたばこ規制団体が2014年に発行した報告書によると、フィリピンでは、成人人口の約3分の1に相当する約1700万人が喫煙。男性のほぼ半数、女性の9%が喫煙し、東南アジアではインドネシアに次いで2番目に高い喫煙率となっている。

 「マルボロ」ブランドを所有する米たばこ大手フィリップ・モリス・インターナショナル <PM.N>は、フィリピン市場のシェアが70%以上。2015年に同社が世界で販売したたばこ約13本のうち1本はフィリピンで販売された計算となり、今回の禁煙法の影響を最も強く受けるたばこ会社とみられている。

*カテゴリーを追加して再送します

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧