ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

タイバーツが堅調、国王死去でも大きな混乱は生じないとの見方

2016年10月14日

[シンガポール 14日 ロイター] - 14日の外国為替市場では、タイバーツが1%以上上昇して始まった。プミポン国王の死去で短期的な資本流出のリスクはあるものの、タイ経済に大きな混乱が生じる可能性は低いというのがアナリストや外交筋の見方だ。

0129GMT(日本時間午前10時29分)時点で、バーツ<THB=TH>は1.3%高の1ドル=35.10バーツ。始値は35.12バーツ。13日終値は35.55バーツ。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧