ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米経済、当面低迷が続く見通し=ミネアポリス連銀総裁

2016年10月14日

[ 13日 ロイター] - カシュカリ米ミネアポリス地区連銀総裁は13日、米経済は当面低迷が続く公算が大きいとの見通しを示した。

総裁は、連銀のウェブサイトで放映されたモンタナ州のタウンホールミーティングで「景気後退(リセッション)は予想していないが、経済の活況も予想していない」と発言。「低迷」が続く公算が大きいとの見方を示した。

同総裁は、来年まで連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権はない。

総裁はこれまで、望ましい利上げ時期についてはコメントしていないが、利上げが遅れるよりも利上げを急ぎすぎるほうが心配だとの認識を示している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧