ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英外相、2月にEU残留支持のコラム執筆 離脱支持表明の直前

2016年10月17日

[ロンドン 15日 ロイター] - 英サンデー・タイムズ紙は、英国が欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票で離脱派の代表格だったジョンソン外相が執筆したとされる「残留支持」の未発表コラムを掲載した。ジョンソン氏は2月に離脱支持を表明したが、その2日前に執筆されたという。

サンデー・タイムズ紙によると、EU離脱の問題に対する考えを明確化するために「残留」と「離脱」両方の主張をコラムとして執筆していた。

同紙によると、残留支持のコラムは離脱した場合の経済への打撃を警告し、EUと緊密に関与するべきだとの主張が展開されている。EUへの拠出金は単一市場へのアクセスに支払う代償としてはささいなものだとした。

こうした論点の全てが、国民投票に向けたキャンペーンで展開した主張と矛盾する。

ジョンソン氏はEU離脱がより良いことを確信するために残留支持のコラムを執筆したと説明。英ニュース専門局スカイニュースに対し、「多くの国民と同じように、2月の時点でこの問題を熟考していたというのは事実だ」と述べ、残留支持のコラム執筆は「離脱を全面的に支持する長いコラム」を執筆した後だったと付け加えた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧