ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

印首相、パキスタンを「テロの母艦」と非難 BRICS会議で

2016年10月17日

[ゴア(インド) 16日 ロイター] - インドのモディ首相は16日、インド西部のゴアで開かれた第8回BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)首脳会議で、パキスタンを「テロの母艦」と呼び、カシミール地域の領有権を争うパキスタンの孤立化へ向けた外交活動を加速させた。

BRICSの主要国である中国は、パキスタンの同盟国。モディ首相のこの発言により、BRICS間の結束が試された結果となった。

9月18日にカシミール地方のインド陸軍基地が襲撃を受け、過去最悪となる兵士19人が死亡する事件が発生して以来、両国間は緊張。インドは、過激派を支援しているとしてパキスタンを非難している。

モディ首相はBRICS首脳らに向けたメッセージで、「私たちの地域で、テロが平和や治安、発展への大きな脅威となっている」と発言。「不幸にも、テロの母艦は隣国にある」と述べたが、パキスタンを直接名指しすることはなかった。

パキスタンは、会議を間違った方向に導き、カシミール地方での自らの残虐的行為を隠そうとしているとモディ首相を非難。カシミールのインド支配地域では、7月に独立派の抗議活動が勃発して以来、数十人が死亡している。

パキスタンのアジズ首相顧問(外交・安全保障担当)は「カシミールのインド支配地域で、基本的な権利を求める人たちがインドによる虐殺の対象となっている」と述べた。

モディ首相のコメントは、首脳会談の宣言文には反映されていないが、「演説で述べることで、確実に広まる」ことを同首相は認識していたと、南アジアの専門家は指摘した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧