ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

大統領当選なら米とインドは「最良の友」に=トランプ氏

2016年10月17日

[エディソン(米ニュージャージー州) 15日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は、自分が大統領に当選したら米国とインドは「最良の友」となり、米国はイスラム過激派と戦ううえでインドとの情報共有を拡大すると述べた。

共和党のヒンズー関連団体主催によるテロ犠牲者のための資金調達イベントで発言した。

トランプ氏はインドを戦略的同盟国と表現。「私が大統領に当選したら、インドとヒンズー教社会はホワイトハウスに真の友を得ることを保証する」と述べた。さらに「急進的なイスラムのテロを駆逐する。われわれはインドと協力し、情報を共有して相互に国民の安全を確保していく」と強調した。

インドのモディ首相は、民主党のオバマ大統領と友好関係を築いている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧