ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

訪日外国人は忍者など体験型に軸足、円高に左右されにくく=日銀

2016年10月17日

[東京 17日 ロイター] - 日銀は17日公表した「地域経済報告(さくらリポート)」で、最近の訪日外国人の観光需要について、国内各地の支店の調査結果をまとめた。いわゆる「爆買い」は終息したものの、高額品から日用品、モノ消費からコト消費に軸足が移りつつあると指摘。国内の観光産業は為替円高に従来ほど左右されにくくなったと分析している。

最近では「SNSによる口コミなどで、日本人も知らないような場所へ足を運ぶケースがみられつつある」(前橋支店)、「日光東照宮に参拝したあと忍者姿で手裏剣体験ができる体験型プランが高評価」(本店)、「しまなみ街道が海外メディアで世界で最も素晴らしいサイクリングコースの一つとして取り上げられ、台湾や欧米からの旅行客が増加」(松山支店)──など、体験型観光需要が高まっている。

 「オバマ米大統領の訪問を契機に広島の注目後が高まっており、外国人客数は前年の3倍に達する日もある」(広島支店)、「佐賀県をロケ地とする映画でタイからの観光客が急増」(福岡支店)──など、突如注目の高まるエリアも出ているようだ。

このため日銀では「かつては為替の変動で訪日外国人の増減が決まっていたが、日本の魅力が強く認知された結果、極端な円高にならない限り、訪日外国人の増加が見込めるようになった」(本店)とみている。もっとも「山間部の温泉地で英語が堪能な従業員を増やすのが困難」(前橋支店)など課題もあぶりだされつつある。

*写真を追加して再送します

(竹本能文)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧