ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英国との通商協議、EUとの関係決着するまで困難=米通商代表

2016年10月17日

[ジュネーブ 17日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のフロマン代表は、英国は米国との通商協議の前に欧州連合(EU)との関係を決着させるべきだとの見解を示した。

同代表は講演で、EU離脱決定を受け「現実的には、英国がEUとの関係性について決着をつけない限り、(米国が)英国とどのような通商合意が可能かについて真剣に討議することは不可能だ」と指摘。

その上で「関税同盟あるいは単一市場の一部となるのか、関税や規制で主権を持つのか」などの疑問点について英国は最優先で対応すべきと述べた。

英国のフォックス国際貿易相へのアドバイス、あるいはトランプ氏が米大統領となった場合の通商関係などについてはコメントしなかった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧