ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルが利益確定売りで弱含み、ポンド急伸=NY市場

2016年10月19日

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが最近の値上がりに対する利益確定売りに押されて弱含んだ。ポンドは急伸。英政府の弁護人が、欧州連合(EU)離脱の最終合意には議会の批准が必要となる公算が「非常に大きい」との認識を表明し、拙速なEU離脱が避けられるのではないかとの安心感が広がった。

ドルは9月末以降、米連邦準備理事会(FRB)による年内の利上げ観測を背景に約3%上昇した。ただ足元では、14日の9月米小売売上高などの低調な指標が発表されたため、投資家が益出しのドル売りに動いている。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨戦略グローバル責任者マーク・チャンドラー氏は「期待外れだった米経済データがいくつかあって、多少の調整につながったと思う。これはドル高を経たテクニカルな調整という側面が強い」と指摘した。

終盤の主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は横ばいの97.890だった。

最近数週間はドルが米国債利回りとほぼ連動している。TJMブローカレッジの外為共同責任者リチャード・スカローン氏は「ドルは米国債市場に追随している。大半の市場参加者はFRBの12月利上げを想定しており、その確率の上下がドルの値動きと関係している」と述べた。

ポンド高が進んだのは、英政府の弁護人の発言に加え、9月英消費者物価指数(CPI)の伸びが予想を上回った影響もあった。

スカローン氏によると、行き過ぎていたポンド売り持ちポジションの一部が買い戻しを迫られたという。

ポンド/ドル<GBP=>は直近が0.92%高の1.2294ドルとなった。

ドル/円 NY終値 103.85/103.88

始値 103.84

高値 104.20

安値 103.75

ユーロ/ドル NY終値 1.0978/1.0983

始値 1.1007

高値 1.1013

安値 1.0970

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧