ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

EU理事会、カナダとの貿易協定承認を見送り ベルギーなど不支持

2016年10月19日

[ルクセンブルク 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)は18日に開かれた通商担当理事会で、カナダとの包括的経済・貿易協定(CETA)の承認を見送った。ベルギーのフランス語共同体が反対する姿勢を崩しておらず、必要とされる全会一致の支持が得られなかった。

理事会後にドイツのガブリエル経済・エネルギー相は記者団に「ルーマニア、ブルガリア、ベルギーが引き続きためらっているため、正式な合意はできなかった」と説明。数日内に問題は解決する見通しだと続けた。

EUとカナダは27日の調印を目指している。

ルーマニアとブルガリアはそれぞれの国民に対して査証(ビザ)を免除するようカナダに求めている。

ベルギー連邦政府はCETAを支持しているが、地域・言語共同体すべての支持がなければ正式に賛成はできない。

同国のレインデルス外務・通商・欧州問題相は、20─21日のEU首脳会議までに解決策を探すと表明。ただ、同国フランス語共同体(ワロン)地域政府首相のポール・マニェット氏は議会委員会に対し、問題が多いため週末までに解決するのは難しいと述べた。

EUの承認見送りを受けて、カナダのフリーランド国際貿易相は記者団に「欧州各国が結束し、結論を出せると期待している」と語った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧