ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

ホンダ 伊東孝紳社長インタビュー
「お客様の視線に立ち返る。
よいものを早く、そして安く」

2010年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

シンプルな原点回帰のビジョンには、F1に代わるような華やかなシンボルは存在しない。注力するのは、よりよい商品を早く安く届けること。そして、環境技術を追求したクルマ作りだ。伊東社長に、原点回帰の真意を聞いた。
(「週刊ダイヤモンド」編集部 臼井真粧美)

ホンダ社長 伊東孝紳
Photo by Kazutoshi Sumitomo

 われわれはお客様の視線を忘れていた。リーマンショックのおかげで頭を冷やすことができた。それまでの10年間はかなり調子に乗っていて、先進国を中心に中大型車のほうへ開発も商売もシフトしてきた。「それではダメだ」と堂々と言える時代になり、思い切った選択と集中を実行できた。

 プロダクトアウトに走ることはいいことだし、否定するわけではない。しかし、お客様の選択の目はより厳しくなった。お客様がよいと思えるものをどこよりも早く出していくというのがいちばんの勝負どころだが、よいものを早く作ればおカネをどんどん出してもらえるわけではない。求めやすい価格であることが重要視される。

 軽自動車が国内需要の3~4割を占め、さらに半分を占めるまでになろうかというなかで、生産効率を高め、軽や小型車などでホンダらしさを出して利益を生める企業体質をつくる。非常に大変なことではあるが、これをやらない限り、うちの会社の存続はない。追い込まれているというより、当然やらなければいけないことに全員で集中できる環境になった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧