ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、米大統領選の結果受け入れ明言せず 最終討論会

2016年10月20日

[ラスベガス 19日 ロイター] - 米大統領選の候補者による最後の論戦となる第3回テレビ討論会が19日、ネバダ州ラスベガスで行われ、民主党のヒラリー・クリントン氏と共和党のドナルド・トランプ氏が激しい論戦を展開した。トランプ氏は、大統領選挙の結果を受け入れるかどうかについて明言しなかった。

両候補は、冒頭から女性の人工妊娠中絶の権利をめぐり激しく対立。ただ、過去2回の討論会で互いの個人攻撃が目立ったのとは対照的に、今回は政策に基づいた議論が交わされ、銃所持の権利、移民問題などもテーマとなった。

トランプ氏は、11月8日の大統領選挙の結果を受け入れるかどうかについて「その時に述べる」とだけ語った。同氏が結果について異議を申し立てる可能性もある。

クリントン氏はこれに対し、「侮辱的だ。われわれの民主主義を軽視している」と批判。「米2大政党の一つの候補がそのような立場を示すことにがくぜんとする」と述べた。

トランプ氏は、過去に女性に対してわいせつな行為を働いた疑惑が浮上している問題について、こうした話は「全くのうそだ」と主張。クリントン陣営が画策した可能性を示唆した。その上で、「私ほど女性に敬意を払っている人間はいない」と語った。

クリントン氏は、自身が大統領になった場合、最高裁判事の任命に当たり、1973年に女性の人工中絶を合憲とした最高裁判決を支持する判事を任命すると明言。一方のトランプ氏は、この判決に反対する判事を任命する考えを示した。

トランプ氏はまた、米国民が銃を所持する権利を守る最高裁判事を任命すると表明。クリントン氏は、銃所持の権利は支持するが、銃規制の強化を望むと述べた。

さらに、両候補はロシアのプーチン大統領に対する見解をめぐっても対立した。

クリントン氏は、トランプ氏が最近のサイバー攻撃について、プーチン氏とロシアを非難することを拒否していると発言。「(トランプ氏は)われわれを守ることを誓った軍や情報機関よりもプーチン氏を信じる」と非難した。

米情報当局と国土安全保障省はこれまで、民主党全国委員会へのサイバー攻撃や電子メールの流出について、ロシア指導部が関与しているとの見解を示している。

トランプ氏は、自身がプーチン大統領に近い存在だとの見方を否定した上で、クリントン氏よりも同大統領と良い関係を築けると示唆した。

この日の討論会では、世論調査でクリントン氏にリードを許していたトランプ氏が巻き返しを図れるか注目されていた。CNNが討論会直後に行った調査では、52%がクリントン氏勝利、39%がトランプ氏勝利と回答した。

メキシコペソは、討論会終盤に6週間ぶり高値を付けた。投資家がクリントン氏の勝利をほぼ確信していることを織り込んだとみられる。トランプ氏は米国への不法移民を防ぐためにメキシコとの国境に壁を建設すると主張。メキシコにその費用を負担させるとの考えを示している。

*第1段落の余計な文字を削除して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧