ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米韓、対北朝鮮で取り組み強化 脅威には「圧倒的な対応」

2016年10月20日

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国と韓国は19日、北朝鮮の核やミサイル開発は「深刻な」安全上の脅威だとして、軍事的、外国的な取り組みを強化することで合意した。北朝鮮は今年、核実験やミサイル発射実験を相次いで実施している。

両国はワシントンで開かれた外務・防衛閣僚協議(2プラス2)後、ハイレベルな「拡張抑止戦略協議会」を設置し、「外交や情報、軍事協力、経済的な要素を含む総力」を用いて北朝鮮の脅威に対処することで合意したと述べた。

ケリー米国務長官は、米国は自国や韓国、他の同盟国を北朝鮮から守るためにあらゆる措置を取る意向を示した。

ケリー長官とカーター米国防長官は、北朝鮮によるいかなる攻撃も退け、いかなる核兵器の使用にも「効果的かつ圧倒的に対応」すると、共同声明で再確認した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧