ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日産西川氏が共同CEOに、ゴーン氏の三菱自会長兼務で

2016年10月20日

[東京 20日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は20日、カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が三菱自動車<7211.T>の会長を兼務する人事が内定したことを受け、日産の西川廣人チーフ・コンペティティブ・オフィサー(CCO)がゴーン氏との共同CEOに就任すると発表した。11月1日付。

ゴーン氏は20日夜、都内で会見し、西川氏の共同CEO就任について「日産との距離を置くわけではないが、少しの時間を益子氏への支援に費やす」一方、日産としても業績の達成が必要であり「日産への注意をそらさない」などと説明した。

三菱自が日産と仏ルノー<RENA.PA>とのアライアンスに仲間入りしたことにより、2016年度のグループ世界販売台数は1000万台に達する見込み。ゴーン氏はこれについて「転換点を迎えている」と指摘。トヨタ自動車<7203.T>、独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>と肩を並べる「世界トップ3の自動車グループになる」と宣言した。

日産にとっての三菱自との提携効果は2017年度に240億円、18年度以降は600億円まで拡大すると見込むほか「出資に伴う株主としてのリターンも享受する」(ゴーン氏)。日産の1株当たり利益は17年度に4円、18年度に10円の増加を想定する。

西川CCOの後任には、現在アライアンスEVPとして購買を統括する山内康裕副社長が就く。また、6地域を統括するチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)のトレバー・マン氏は三菱自の最高執行責任者(COO)に就く予定で、後任は北米事業を担当するホセ・ムニョス副社長が務める。

*内容を追加して再送します。

(白木真紀 編集:山川薫)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧