ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アングル:豪州の一般炭価格100ドル突破、反落は必至との見方

2016年10月21日

[シンガポール 18日 ロイター] - オーストラリアの一般炭価格が18日、2012年以来初めてトン当たり100ドルの大台に乗せた。数カ月で約2倍に跳ね上がっており、いずれ反落は避けられないとの見方が広がっている。

今回の急騰ぶりは2011年の福島第一原発事故後に匹敵し、歴史歴には3本の指に入る。オーストラリア・ニューカッスル港出し価格11月きり<GCLNWCPFBMc2>は6月以来100%近く上昇し、1トン=100ドルとなった。

相場急騰のきっかけは、中国政府が過剰生産を抑制するため鉱業生産を制限し、発電所が一般炭の輸入拡大を迫られたことだ。

貨物仲介業者バンケロ・コスタのラルフ・レスジンスキ氏は「もちろんこの状態は続かない。相場の上昇に背中を押されて中国の鉱業会社は生産を増やしている。中国政府もやや姿勢を後退させ、増産を要請している」と話した。

マレックス・スペクトロンの調査責任者、ジョージ・スラボブ氏は、年初来安値近くまで下がることはないとしながらも、現在は20ドルほど割高で、その分が吹き飛ぶと予想。「天井をつけたと確信している。上昇相場は自滅的に息切れするだろう」と言う。

ただ、今後は冬の需要期に入る上、鉱業会社の増産には時間を要するため、年末か来年初めまで上昇は続くとの見方が多い。

<下落は緩やかか>

棒上げした相場はその後には急落する傾向があるが、多くのアナリストは、上昇に比べて緩やかな下落を予想している。

レスジンスキ氏は「増産するには労働者を雇用し直したり訓練する必要があり、時間差を伴う」と指摘する。

中国のほか、韓国など他の主要輸入国も冬場を前に供給が不足している。今年の冬は過去2年間よりも気温が低くなるとの予報が多い。

オーストラリア鉱山の生産停止が原因で、原料炭の価格が急上昇していることも注目点だ。一般炭も原料炭と同じ鉱山から生産される場合が多いため、影響を受ける。

シンガポールの鉱業関連投資アドバイザーは「石炭市場は強気材料が勢ぞろいしている」と話した。

相場の下げがある程度緩やかになりそうなことは、先物市場の価格にも表れている。中国の石炭先物は、11月きりがトン当たり85.30ドル、来年4月が71ドル、10月が61.15ドルとなっている。

(Henning Gloystein、Keith Wallis記者)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧