ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

フィリピン政府、米国との経済関係を維持へ=貿易相

2016年10月21日

[マニラ 21日 ロイター] - フィリピンのロペス貿易産業相は21日、同国のドゥテルテ大統領が米国と「決別する」と表明したことを受け、フィリピン政府が米国との経済関係を維持する方針を確認した。

ドゥテルテ大統領は20日、北京の人民大会堂で行われたビジネスフォーラムで演説し「軍事的にも経済的にも米国と決別する。米国は敗れた」と述べた。

大統領の訪中に同行していたロペス貿易相はCNNフィリピンに対し「大統領は決別について語らなかった。われわれは米国との貿易や投資面での関係を中断しない」と述べた。

ドゥテルテ大統領は中国との関係を一段と深めたいとの希望を表明したと指摘し、フィリピンは一方への過度な依存から脱却しようとしていると説明した。

その上で「しかしわれわれは当然ながら西側、特に米国との貿易や投資活動を止めることはない」と述べた。

*写真を差し替えて送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧