ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

16年度物価、原油安・円高で一定の下方修正も=黒田日銀総裁

2016年10月21日

[東京 21日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は21日、衆院財務金融委員会に出席し、円高や石油価格の下落により足元の物価(生鮮除く消費者物価指数、コアCPI)の水準が「想定より下がっている」と述べ、10月31日━11月1日に公表される物価見通しでは「16年度の物価に一定の下方修正の可能性がある」と指摘した。丸山穂高委員(維新)への答弁。

黒田総裁はこれに先立つ答弁で、これまで17年度中に達成するとしてきた2%の物価目標達成について「修正もあり得る」と答え、下方修正・先送りを示唆する一方、追加緩和には慎重な姿勢を示していた。

外債購入による量的緩和拡大の可能性については、「為替売買は財務大臣が一元的に所管している」との従来答弁を繰り返し、否定した。

(竹本能文)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧