ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、大統領選挙運動で全力尽くせば満足 いかなる結果でも

2016年10月22日

[フレッチャー(米ノースカロライナ州 21日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は21日、11月8日の大統領選挙がどのような結果に終っても、選挙運動で全力を尽くすことができれば満足するとの考えを示した。選挙結果を受け入れることについて言明することを避けていた同氏だが、強硬姿勢を和らげている兆候がうかがえる。

トランプ氏は当地で行った集会で、大統領選で勝利するために全力を尽くしたかどうかで悔いを残したくないとし、「皆が投票に行けば、勝利すると確信している。勝利しようが敗退しようが、もしくは引き分けに終ろうが、私は満足する」と語った。

19日夜に行われた大統領候補による第3回テレビ討論会では、自身が選挙で敗退した場合、選挙結果を受け入れるかどうかは「その時に話す」とし、言明することを避けた。同氏のこうした発言が米国の民主主義を脅かすとし、民主・共和両党内から批判の声が上がっていた。

*写真を追加して再送します

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧