ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アングル:メキシコペソ上値限定的か、トランプ以外に不安材料

2016年10月22日

[メキシコ市 20日 ロイター] - メキシコ通貨ペソの上値余地は限られるとの見方が、エコノミストの間で出ている。米大統領選で共和党のトランプ候補が勝利する事態への懸念はおおむね払しょくされたものの、原油価格の低迷や債務増大など別の不安材料が存在するためだ。

世論調査で大統領選における民主党のクリントン候補優勢が示されるとともに、ペソの対ドル相場は9月につけた過去最安値から約7%反発した。それでも19日の最後の討論会終了後には相場がほとんど動いていない。

バナメックスのエコノミスト、エルネスト・レビラ氏は「クリントン氏の勝利は既に織り込まれた」と指摘。11月8日の米大統領選後にペソはもう少し値上がりする可能性があるとしながらも、国内外の他の要因が及ぼす影響のため大幅には上昇しないと予想した。

メキシコでは経済成長が予想よりも弱く、原油安によってせっかく政府が打ち出したエネルギーセクターの民間への開放も効果が薄れてしまった。また来年に歳出削減を継続して財政赤字が縮小しない場合は、格下げのリスクもある。

こうした国内状況とともに、米国の利上げ観測がペソ安につながりそうだ。

バンコメルのエコノミスト、カルロス・セラノ氏は、クリントン氏が勝利すればペソは1ドル=18ペソ近辺まで一時強含むが、それが限界だとみている。メキシコが抱える債務や、原油安が対外収支と国営石油会社のバランスシートに及ぼすマイナスなどの問題は、一朝一夕に消え去らないという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧