ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

大統領に当選ならAT&Tのワーナー買収承認せず=トランプ氏

2016年10月24日

[ゲティスバーグ(米ペンシルベニア州) 22日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は22日、大統領に当選した場合、米通信大手AT&T<T.N>によるタイム・ワーナーの買収について、承認しない考えを明らかにした。

トランプ氏はペンシルベニア州ゲティスバーグで行った選挙演説で、大統領就任時に100日以内に実施する政策案を公開。メディア会社に対し、民主党のクリントン候補への支持を集めるため「わたしへの支持票を減らし、米国民の声をもみ消そうとしている」と非難した。

さらに「わたしが闘っている権力構造の例として、AT&Tはタイム・ワーナー、ひいてはCNNまで傘下に入れようとしていることが挙げられる。わたしが大統領になった際には、この買収を認めるわけにはいかない。権力が集中しすぎるからだ」と述べた。

ケーブルテレビ大手コムキャスト<CMCSA.O>による2013年のNBCユニバーサル買収についても、「解体」を検討すると言明。「このような案件は、民主主義を崩壊させる」と話した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧