ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

EU、対カナダ貿易協定承認の期限を24日に設定 ベルギーに伝達

2016年10月24日

[ブリュッセル 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)は、承認が遅れているカナダとの包括的経済・貿易協定(CETA)をめぐり、ベルギー政府が協定に反対を続ける南部ワロン地域を説得する期限を24日に設定した。説得できなければ27日に予定されるカナダとの調印式は中止となる。

EUの関係筋が23日に明らかにした。

関係筋によると、カナダのトルドー首相はEUとの首脳会議のためにブリュッセルに出発するかどうかについて24日までに決めたいと伝達してきたという。

EUのマルムストローム欧州委員(通商担当)は23日にツイートで「欧州委は解決策を見いだすために24時間週7日態勢で取り組んでいる」と表明。「ベルギーが事態を収拾できると期待している」とした。

ベルギーは地域政府すべての同意がなければ正式に同協定に賛成できない。ワロン地域はCETAによって欧州の農家が不利益を被ることになるとともに、世界の企業に過剰な権限を与えることになると主張している。

ワロン地域政府首相のポール・マニェット氏はこれまで、EUでの審議に時間をかけるためにカナダとの首脳会議は延期すべきだと述べてきた。

ベルギーの公共放送局RTBFは、同国のミシェル首相が地域政府の代表と24日午後に会談すると報じた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧