ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

クリントン氏の当選確率95%超、17日の週に選挙なら=調査

2016年10月24日

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 22日公表されたロイター/イプソスの週間世論調査によると、米大統領選挙がこの週に実施されていた場合、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が95%以上の確率で当選するとの見通しが示された。前週の調査でも、クリントン氏の高い当選確率が示されていた。

10月22日までに実施された週間調査に基づくと、大統領選がこの週に行われていた場合、クリントン氏が当選に必要な270人の選挙人を95%以上の確率で獲得できたとの予想が示された。

最も可能性の高い結果として、クリントン氏の選挙人獲得数は326人、トランプ氏は212人と予想された。

19日に行われた大統領候補者による最後の論戦となる第3回テレビ討論会では、トランプ氏勝利との回答が過去2回を上回る割合に増えたものの、クリントン氏勝利との回答が依然として過半数を占めた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧