ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

原油先物下落、イラクがOPEC減産からの除外求める

2016年10月24日

[シンガポール 24日 ロイター] - 24日の取引で原油先物が下落している。トレーダーによると、イラクが石油輸出国機構(OPEC)による減産からの除外を求めていることなどが背景。

0133GMT(日本時間午前10時33分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.4%安の1バレル=51.59ドル。米WTI原油先物は0.4%安の1バレル=50.63ドル。

イラクは23日、9月の産油量が日量477万4000バレル、輸出量が同387万バレルだったと発表。国営石油販売公社(SOMO)のトップは減産に応じない方針を示した。

OPEC第2の産油国であるイラクが参加しなければ、減産達成はより困難になる。

このほか、米国内の石油掘削リグ稼働数が前週に11基増えたことも市場の圧迫材料となっている。2桁台の増加は8月以来。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧