ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

DNSサーバー、複数ベンダーによる分散管理を=米ダイン

2016年10月24日

[23日 ロイター] - 企業間でサイバー攻撃に対する懸念が高まっている中、ドメイン・ネーム・システム(DNS)サービス会社の米ダインは23日、DNSサーバーは複数のベンダーに分散管理させるべきだとの見解を示した。

ダインは21日にサイバー攻撃を受け、同社のDNSサーバーを利用していたツイッターや音楽配信のスポティファイなどで障害が発生した。

ダインのカイル・ヨーク最高戦略責任者(CSO)は「当社は長年、企業インフラにおけるコスト削減を支持してきたが、セキュリティの向上もコスト削減も、これで十分ということはない」と発言。複数のDNSサーバーを利用している顧客への影響は小さかったと述べた。

ただ、複数ベンダーに運用を任せる場合、トラフィック(データ転送量)の管理が複雑になりコストが増大するとも指摘した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧