ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

独インフレ率、年末に1%超えの可能性=連銀月報

2016年10月24日

[フランクフルト 24日 ロイター] - ドイツ連銀は24日公表した月報で、年末時点の国内インフレ率が2年半ぶりに1%の水準を突破するとの見方を示した。

独インフレ率が大きく回復すれば、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和策に否定的なワイトマン独連銀総裁が緩和解除を一段と強く求める根拠となる可能性がある。

報告書では「原油相場の動向をめぐる現在の市場見通しを踏まえると、2016年末時点のインフレ率は1%をやや上回る水準に戻るだろう」とした。

欧州連合(EU)基準の9月の独消費者物価指数(CPI)は前年比0.5%上昇と、およそ1年ぶりの大幅な伸びとなった。ただ2014年4月以降、1%を下回る状況が続いている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧