ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トルコ、シリア難民の生活拠点を設立

2016年10月25日

トルコに脱出した270万人のシリア難民のための適度な環境を作るため、トルコ政府は何十億ドルもお金を費やしています。

6千人の難民が生活するハタイ県では、100エーカーの土地が住宅地に変わりました。輸送コンテナを改造して、700以上の家が建てられました。住居には、電気、水道、衛星放送のアンテナ端子も付いています。

コンテナ村の外には、大規模なテント村があります。防水キャンパス地が風雨から身を守ってくれます。複数の部屋につなげられたテントもあり、照明、ホットプレート、暖房のための電気も通っています。

シリア国境から4.8キロ離れたヤユラダギ難民キャンプでは、政府により、旧タバコ工場が集合住宅に改造され、小さなコミュニティーができました。ここには学校が開設され、アラビア語を話す子供たちは、地域に溶け込むため9才からトルコ語を習います。

多くの家族はここへ来て5年が経ち、キャンプでの生活しか知らない子供たちもいます。

トルコ、ハタイ県、ヤユラダギ難民キャンプ(2016年10月15日)(ロイター - 全アクセス権)

1.輸送コンテナを改造して作った居住区で、シリア難民の子供たちが自転車に乗ります

2.輸送コンテナを改造して作った家で、シリア難民のファーリ・シロさんが家族と食事をします

トルコ、ハタイ県、ヤユラダギ難民キャンプ(2016年10月14日)(ロイター - 全アクセス権)

3.輸送コンテナを改造して作った家で、奥さんと奥さんの妹さんが料理をする横で、シリア難民のサイアー・カディさんがテレビを見ます

トルコ、ハタイ県、ヤユラダギ難民キャンプ(2016年10月15日)(ロイター - 全アクセス権)

4.シリア難民がテントの前に座ります

5.シリア難民のラマザン・ガルユンさんがテントの中で子供たちとくつろぎます

6.タバコ工場を改造して作った集合住宅で、シリア難民の家族と子供たちが会話をします

トルコ、ハタイ県、ヤユラダギ難民キャンプ(2016年10月14日)(ロイター - 全アクセス権)

7.シリア難民の生徒たちが授業を受けます

8.シリア難民の子供たちが幼稚園の授業中に遊びます

著者:Umit Bektas

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧