ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルが対円で上昇、米12月利上げ観測高まる=NY市場

2016年10月25日

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で上昇した。最近発表された米経済指標が堅調な上、米連邦準備理事会(FRB)当局者から早期利上げを示唆する発言が相次ぎ、FRBは12月に追加利下げを決めるとの観測が強まった。

ドルは他の主要通貨に対して買われ、ドル指数<.DXY>は一時98.846と約9カ月ぶりの高値をつけた後、終盤は小幅高となる98.775。ドル/円<JPY=>は一時104.32円と1週間ぶりの高値をつけた。

終盤のユーロ/ドル<EUR=>は0.08%安の1.0873ドルと、21日につけた7カ月ぶり安値の1.0857ドルに迫った。

シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は24日、インフレ見通しと労働市場の改善が継続する限り、2017年末までに3度の利上げが適切だろうと発言。これに先立ち21日にはサンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁が、19日にはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、いずれも利上げは近いとの見方を表明していた。

最近の米経済統計も好調。24日発表の10月製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は1年ぶりの高水準で、先週発表された9月中古住宅販売も予想を上回った。

CMEグループのフェドウォッチによると、早期利上げを示唆する当局者の発言や強めの米指標の発表を受けて、市場が織り込む12月利上げの確率は74%程度となった。

オアンダのシニア通貨ストラテジスト、アルフォンソ・エスパーザ氏は「当局者の発言は最もハト派的なコメントですら12月利上げに触れており、(来月の追加利上げは)ほぼ間違いない」と述べた。

ドル/円 NY終値 104.17/104.20

始値 103.88

高値 104.32

安値 103.89

ユーロ/ドル NY終値 1.0880/1.0886

始値 1.0892

高値 1.0900

安値 1.0869

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧