ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドゥテルテ大統領が初来日、日本は官民挙げ迎え入れ

ロイター
2016年10月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
10月25日、米国への批判を繰り返すフィリピンのドゥテルテ大統領が午後、今年6月末の就任後初めて来日する。写真はダバオで9月撮影(2016年 ロイター/Leandro Salvo Daval Jr)

[東京 25日 ロイター] - 米国への批判を繰り返すフィリピンのドゥテルテ大統領が25日午後、今年6月末の就任後初めて来日する。南シナ海を軍事拠点化する中国をけん制するため、米国と共にフィリピンを支持してきた日本は、中国寄りの姿勢を取る同大統領を官民挙げて迎える。岸田文雄外相は同日朝、記者団に対し、「しっかり意思疎通を図り、大統領の考えを直接聞かせてもらうことが大切と考えている」と語った。

 ドゥテルテ大統領は27日までの滞在中に安倍晋三首相と会談。日本はフィリピンの海洋安全保障能力の向上支援をあらためて表明する。複数の関係者によると、両首脳は日本が9月に公表した大型巡視船2隻の供与について署名するほか、海上自衛隊が貸与する航空機のリース価格など詳細な条件を決定する見通しだ。

 米国から麻薬犯罪者の取り締まりを人権侵害として批判されたドゥテルテ大統領は、オバマ政権をたびたび非難。日本に先立って訪問した中国では「軍事的にも経済的にも、米国と決別する」と発言した。その後に「関係を断絶するつもりはない」と修正し、訪日前日に応じた日本のメディアとのインタビューでも米国への態度を軟化させたものの、日本の外務省ではこの発言に激震が走ったという。

 フィリピンやベトナムなど、南シナ海の領有権をめぐって中国と対立する東南アジア諸国との関係強化を図ってきた日本にとって、外交戦略を大きく狂わせかねない。

 「フィリピンが中国と対話を進めるのは地域の安全保障にとって良いことだが、中国に取り込まれてしまうのは困る」と、日本の政府関係者は言う。

 南シナ海問題について国際仲裁裁判所が7月に下した判決を念頭に、法の支配の順守をフィリピン側と共有したい考えだ。

 日本はフィリピンに90億ドルの融資を約束した中国の動きをにらみ、官民挙げて大統領を迎える。安倍首相は26日の公式会談に加え、少人数に絞った私的な会合も開いてドゥテルテ大統領と個人的な関係を築きたい考え。25日には岸田文雄外相が大統領を夕食会に招待、27日には天皇陛下とも会見する。

 また同大統領は日本貿易振興会(JETRO)などが主催する経済フォーラムにも出席し、日本企業にフィリピンへの誘致や投資を呼びかける。フィリピンにはトヨタ自動車 や三菱自動車工業、中堅造船の常石造船(広島県福山市)などが進出している。

(久保信博、取材協力:竹中清 編集:田巻一彦)

 

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧