ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

邦銀のTLAC債、内外投資家のマネー引き寄せ 高利回りの魅力

2016年10月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
10月25日、日本のメガバンクグループが発行するTLAC(Total Loss-Absorbing Capacity)債に対する海外や国内機関投資家の注目度が上がっている。写真は都内で2010年8月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 25日 ロイター] - 日本のメガバンクグループが発行するTLAC(Total Loss-Absorbing Capacity)債に対する海外や国内機関投資家の注目度が上がっている。世界的な低金利による運用難の下、相対的に高い利回りが「干天の慈雨」となっているためだ。さらに日本国内の法制上の特徴によって、邦銀には実質的な「政府保証」が付いているとの思惑も人気の一因になっている。

応募殺到で増額も

 「邦銀は今度、いつTLAC債を発行するんだ」──。国内投資家だけでなく、海外投資家からも質問される機会が増えていると、国内金融機関のアナリストは話す。

 TLAC債は、FSBが指定するグローバルなシステム上重要な銀行「GーSIBs」30行が発行する新型の債券だ。

 リーマン・ショック後、各国政府では経営破綻の危機に陥った金融機関を公的資金で救済したケースが続出し、各国の納税者の不満が高まった。2015年、20ヵ国・地域(G20)の金融規制当局で構成する金融安定理事会(FSB)は、巨大銀行グループを対象に、経営破綻時に投資家に損失負担を強いるTLACの仕組みを作った。

 日本で対象になるのは、3つのメガバンクグループ。所要自己資本8%を含めて損失吸収の対象となるTLACとして、2019年までにリスク・アセットの13.5%、22年までに同14.5%の積み上げを求めている。

 16年春に三菱UFJフィナンシャルグループが50億ドルを発行したのを皮切りに、三井住友FGが40億ドル、みずほFGが40億ドルの発行で続いた。三菱UFJFGは、当初30億ドルを予定していたが応募が殺到し増額。その後も各行は、随時発行し続けている。

 魅力は、その高い利回り。10年米国債の利回りは今年の春先に1.7─1.9%程度だったが、邦銀3グループのTLAC債のクーポンは3.4─3.8%だった。「ドル建てだが、ヘッジ付きでも利益が取れる」(国内生保)と、米国勢だけでなく、日本勢も飛びついた。

 経営破綻時に元本き損リスクがあるTLAC債は、格付けが低く設定されるのが通例だと、スタンダード&プアーズ・レーティング・ジャパン(S&P)の主席アナリスト、吉澤亮二氏は話す。

 ドイツ銀行への懸念が高まった9月、自己資本比率が一定レベルを下回った時に普通株に強制転換されるという、TLAC債と似た仕組みの同行の偶発転換社債(CoCo債)をめぐって、市場の警戒感が高まった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧